Meet Now

スポンサードサーチ

リモートワークで使うWeb会議システムは小規模ならWherebyの無料アカウントで十分Web会議システム Wherebyのアカウント登録から利用の仕方まで10人以下で長時間のWeb会議を開催するのにZoom、Whereby、Skype、ハングアウトのどれがいいか?リモートワークやウェビナーでのコミュニケーションに使えそうなWeb会議ツール「Remo」を使ってみた脆弱性のあるZoomを安全に利用するための7つの設定と運用ルールと、Web会議システムについて見てきました。

10人以下で長時間のWeb会議を開催するのにZoom、Whereby、Skype、ハングアウトのどれがいいか?の中で、Skypeについて触れましたがSkypeは会議機能で、Web会議を主催する人以外はSkypeのアカウントを持っていない方でもブラウザを使ってWeb会議への参加ができるようになっていました。

ところが、今回の「Meet Now」では、Web会議を開催する人すらアカウントもアプリも不要になっています。

「Meet Now」の使い方

Meet Now」の使い方は、Webサイトにまずアクセス。

Meet Now
Meet Now

次に「無料の会議を作成」ボタンをクリック。

URLが自動生成
URLが自動生成

Web会議用のURLが自動生成されます。

「招待を共有」を開くと、リンクのコピー、Outlookメール、Gmailが表示されるので、生成されたURLをメールなどで参加者に送れます。

左側には、「あらゆる機能を自由に利用でき」、「会議リンクの有効期限はなく、いつでも使うことができる」と表示されていますので、Skypeでの会議機能と同じみたいですね。

「通話を開始」をすると、10人以下で長時間のWeb会議を開催するのにZoom、Whereby、Skype、ハングアウトのどれがいいか?で紹介したSkypeを使った会議への案内が表示されます。

Skype 会議への招待
Skype 会議への招待

アプリが入っていれば、アプリの起動確認が出ますが、前回同様Skypeのアカウントを持っていない方でもブラウザを使ってWeb会議への参加ができます。

ゲストとして参加
ゲストとして参加

ここで「参加」ボタンを押すと、会議に参加が出来ます。

アカウント作成がいらないのは便利

私自身は、Skypeのアカウントがいくつかあるので特に問題ありませんが、作っていない人にとっては他のWeb会議システムを使う可能性はあると思います。

それに対して「Meet Now」はアカウントもアプリも不要ですので、気軽に使えていいですね。

スポンサードサーチ