スポンサードサーチ

無料で使えるWeb会議システムについては、リモートワークで使うWeb会議システムは小規模ならWherebyの無料アカウントで十分Web会議システム Wherebyのアカウント登録から利用の仕方までで書いたようにWherebyがお手軽で便利です。

しかし、Web会議の参加人数が4人を超えるとWherebyでは対応ができません。

また、Zoomは無料アカウントでも100人まで対応できますが、グループミーティングは40分までとなっており、長時間の利用ができません。

そこで、リモートワークだと開催の機会が多い、10人以下の人数で長時間行われるWeb会議で利用する場合にはZoomWherebySkype、ハングアウトの中でどれがいいかのを調べてみました。

無料で利用するならSkypeかGoogle ハングアウト

10人以下の人数で長時間行われるWeb会議で利用するのに、ZoomWherebySkypeGoogle ハングアウトの中で無料で使えるのは、SkypeGoogle ハングアウトです。

Skypeは最大50人、1回4時間まで利用可能

Skype グループ ビデオ通話
Skype グループ ビデオ通話

Skypeは、無料でも最大50人までのWeb会議が可能となっており、グループビデオ通話公正使用ポリシーによると、1日最長10時間、ビデオ通話ごとに最長4時間まで利用できます。

グループビデオ通話は公正使用ポリシーの適用対象となります。このポリシーにより、発信可能なビデオ通話分数は1ヵ月あたり100時間に制限されており、1日最長10時間、ビデオ通話ごとに最長4時間まで利用できます。 いったんこれらの制限に達すると、ビデオはオフになり、通話は音声通話に変わります。

Skypeグループビデオ通話公正使用ポリシー

Skypeは、無料で使える機能としては以下のものがあります。

  • 1対1ミーティング
  • 会議
  • マイクのオンとオフ
  • ビデオのオンとオフ
  • スマートフォンでカメラ前面・背面切替
  • 画面共有
  • リアルタイム字幕
  • チャット機能
  • 通話レコーディング(3日間の保存)
  • ビデオの背景をぼかす

無料で使えるのに機能が充実してます。

Skypeアプリが無くてもWeb会議に参加できる

今回、Skypeを改めて使ってみて気がついたのが、 会議機能。

以前からあったグループチャットの作成や連絡先からグループを作成してWeb会議ができますが、会議はこれとは別の機能です。

Skype 会議
Skype 会議

メニューの「チャット」や「通話」に表示されている「会議」ボタンを押すと、上記の画面が表示されて会議用の通話リンクが毎回生成されます。

Skype 会議への招待
Skype 会議への招待

この通話リンクをクリックすると、「ゲストとして参加」するか「サインインまたは作成」が表示されますので、 「ゲストとして参加」を選択すると、 Skypeのアカウントを持っていない方でもブラウザを使ってWeb会議への参加ができます。

Skypeがアカウント作成やアプリのインストール無しでも使えるのと、URLも毎回生成されるのはいいですね。

また、Zoomではバーチャル背景が使えるのが話題となっていますが、Skypeでは背景がぼかせるのが便利。

他にも「通話の予定の設定」や「投票の作成」などの機能もあり、対応端末もPCだとWindows、Mac OS X、Linux、スマートフォンはAndroid、iPhone、Windows 10 Mobile、タブレットだとiPad、Android タブレット、Windows、Kindle Fire HD、他にもXboxやAmazon Echo デバイスというように数多くの端末に対応しています。

Google ハングアウトは会話は150人、ビデオは10人

Google ハングアウトも無料で10人以下の人数で長時間行われるWeb会議で利用ができます。

Googleハングアウト
Googleハングアウト

会話だけなら150 人まで、Google ハングアウトには 25人まで参加ができます。

Googleアカウントが無くてもWeb会議に参加できる

Google ハングアウトも、Googleアカウントが無くてもWeb会議に参加ができます。

他のユーザーを招待
他のユーザーを招待

「他のユーザーを招待」を押すと、Googleアカウントでの招待やメールアドレスでの招待、共有リンクでの招待ができますので、共有リンクの場合にはGoogleアカウントが無くてもWeb会議に参加ができます。

他にもGoogle ハングアウトには、以下の機能があります。

  • ビデオハングアウト
  • マイクのオンとオフ
  • ビデオのオンとオフ
  • 画面共有
  • チャット機能

対応端末は、PCがMac OS X、Windows、Chrome、Ubuntu などの Debian ベースの Linux ディストリビューション、AndroidとiPhone、iPadにも対応しています。

有料だとHangouts Meetが安い

有料のアカウントを比較してみると、Google ハングアウトの有料版であるG Suite Basicに含まれるHangouts Meetが、10人以下の人数で長時間行われるWeb会議で利用するには安くなっています。

サービス名プラン名月額料金対応可能人数
Zoomプロ2,000円100人
ビジネス2,700円300人
WherebyPro$9.99
($1=108円換算で約1,080円)
12人
Business$59.99
($1=108円換算で約6,480円)
50人
G Suite
Hangouts Meet
Basic680円 100人
Business1,360円150人
Enterprise3,000円250人

G Suiteとの連携を使いたいか

さらに、Hangouts MeetG Suite Basicの中のサービスなので、他にも広告なしのGmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、Hangouts Chatなどが付いてきます。

G Suite お支払いプラン
G Suite お支払いプラン

このため、GoogleカレンダーにHangouts Meetを使った会議の予定を登録したり、Googleドライブのファイルを会議中に共有したり、Googleドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなどの資料ファイルを会議中に作成することもできます。

会議室が作れるWhereby

Wherebyが$9.99と次に安いですが、特徴は会議室を複数作れる点です。

Whereby Plan
Whereby Plan

Proだと3つ作れますので、いくつもの会議を同時刻に複数行うような場合には、Wherebyが向いています。

安定感ならZoom

Zoomは、10人以下の人数で長時間行われるWeb会議で利用する場合には、価格的に他のサービスよりも割高ではありますが、実際に利用した場合の画質や音質については安定感があります。

Zoomミーティングプラン
Zoomミーティングプラン

新型コロナウィルス感染症によるテレワークの増加により、Zoomの利用は急速に増えており、以下のような事態も起こっています。

3月16日月曜日、Zoomは、ソフトウェアに「パフォーマンスの低下」が発生し、通話サービスが「部分的に停止」した、とコメントしました。

Data Center Cafe:Zoom、テレワーク急増に伴い部分的な停止が発生

しかし、接続するネットワーク環境にはよりますが、繋がりにくかったり、遅延が発生したりする事は少ないようには思いますので、他のサービスで通話品質に満足できない場合の選択肢となるでしょう。

スポンサードサーチ