Lens Studio

スポンサードサーチ

Zoom、Whereby、Skype、Google ハングアウト、Discordでバーチャル背景を使う方法でご紹介したSnap Camera

ただ、このSnap Cameraは登録されている「Lens」でないと背景にできません。

しかし、Snap CameraをリリースしているSnap Inc.Lens Studioというアプリを出していて、Lens Studioを使うと独自「Lens」の作成ができます。

そこで、今回はLens Studioを使ってSnap Cameraで使える「Lens」を作成してZoomWherebySkypeGoogle ハングアウトDiscordで独自のバーチャル背景を使う方法について見てみたいと思います。

Lens Studioとは?

Lens Studioは、Snap Cameraの「Lens」を開発するためのアプリです。

詳細については、公式の紹介動画があります。

Lens Studioのアプリをダウンロード

実際にLens Studioを使うためには、まずアプリをダウンロードする必要があります。

そこで、まずLens StudioのWebサイトにアクセスし、「Download」をクリック。

Lens Studio
Lens Studio

Download画面で「Lens Studio License Agreement」の「I have read the Privacy Policy and agree to the Lens Studio License Agreement and the Terms of Service.」の内容に同意出来たら、チェックを付けます。

Lens Studio Download
Lens Studio Download

チェックを付けるとreCAPTCHの「私はロボットではありません」が表示されますので、チェックを付けると「DOWNLOAD FOR MAC」、「DOWNLOAD FOR PC」がクリックできるようになります。

Downloadボタンをクリック
Downloadボタンをクリック

そこで、ダウンロードしたい方をクリック。

Lens Studioのアプリをインストール

Lens Studioアプリのダウンロードが出来たら、アプリをインストールします。

以下ではWindowsの手順となりますが、Macでも同様の手順で行います。

Lens Studioのインストーラー
Lens Studioのインストーラー

ダウンロードしたアプリをクリックするとインストーラーが立ち上がりますので「Next」ボタンをクリック。

インストール先の選択
インストール先の選択

インストール先の選択になりますので、ディレクトリを選択して「Next>」ボタンをクリック。

メニューフォルダーの選択
メニューフォルダーの選択

インストールするメニューフォルダーの選択を行い「Next>」ボタンをクリック。

デスクトップにショートカットを置くかの選択
デスクトップにショートカットを置くかの選択

デスクトップにショートカットを置くかの選択を行い「Next>」ボタンをクリック。

インストールの開始
インストールの開始

「Install」ボタンを押すとインストールが開始されます。

インストール中
インストール中

インストールが進み。

インストール完了
インストール完了

インストールが完了。

「Launch Lens Studio」にチェックを入れていると、「Finish」ボタンをクリックした時点でLens Studioが立ち上がります。

Lens Studioの起動

インストールが完了すると、カメラやマイクへのアクセス許可が求められます。

その後、チュートリアルを見るか、チュートリアルをスキップするかを求められます。

スタート画面
スタート画面

ここで、「CREATE NOW」を押すとチュートリアルが始まります。

チュートリアルスタート
チュートリアルスタート

Snap Chatのアカウント作成

チュートリアルを全て見るか、「Skip to tutorial for now」を押すとSnap Chatのアカウントへのログイン画面になります。

Snap Chatへのログイン
Snap Chatへのログイン

Snap Chatアカウントを持っている場合はログインをすればいいのですが、ない場合にはSnap Chatアカウントの作成をするため「New To Snapchat?SignUp」をクリック。

Snap Chatアカウントの作成
Snap Chatアカウントの作成

名前や生年月日などの情報を入力して「Sign Up & Accept」ボタンをクリック。

reCAPTCHの対応
reCAPTCHの対応

reCAPTCHの選択をして、再度「Sign Up & Accept」ボタンをクリック。

認証コードの入力
認証コードの入力

登録した携帯電話番号にSMSで認証コードが飛んで来たら、入力して「Verify」ボタンをクリック。

これで登録は完了なんですが、なぜか認証コードが飛んでこない。

ログインができない
ログインができない

結局、Macの方では登録ができたのですが、Windowsはアンインストールをして再インストールしても上記画面が出てしまって対応ができませんでした。

このアカウント登録はちょっと要注意です。

アカウントにログインをしなくても「Lens」の作成はできるのですが、後から出てくるSnap Cameraへの展開ができませんので、これはどうにかしたいところです。

今回は、とりあえずこの後はMacで再度インストールしなおして作業をしました。

Lens Studioに接続
Lens Studioに接続

認証が上手く行けば、Lens Studioとの接続確認が出ますので「Continue」ボタンをクリック。

Lens Studioと接続完了
Lens Studioと接続完了

テンプレートから「Lens」を作成

Lens Studioで「Lens」を作るためには、まずプロジェクトを立ち上げます。

新たにプロジェクトを作成
新たにプロジェクトを作成

上部メニューの「File > New Project from Template > World > Segmentation」を順番に選択。

Worldを選択
Worldを選択

テンプレートの種類は数多くありますが、Segmentationはカメラの映像に映る特定の領域(人物の背景や髪の毛、顔、肩、あるいは風景の空にあたる部分)をリアルタイムに表示または非表示することができます。

Segmentationを選択
Segmentationを選択

これを使って、人物の背景を別のイメージに変更します。

Lens Studioでプロジェクトが開いた画面がこちら。

Lens Studio画面
Lens Studio画面

左上に「Objects」がありますので、その中にある「SegmentationController[EDIT_ME]」をクリック。

Objects
Objects

すると、右側にある「Scripts」が開きます。

Scripts
Scripts

ここで設定を以下のように変えます。

「Use BackGround Color」のチェックを外す

背景色は不要ですので「Use BackGround Color」のチェックを外します。

「Image > Tiled」のチェックを外す

画像をタイル化して動かす必要はありませんので、「Image > Tiled」のチェックを外します。

「Image > Image Texture」に入れたい背景画像を指定

デフォルトだと「hear」の画像が入っていますので、「Image > Image Texture」をまずクリック。

モーダルウィンドウが立ち上がりますが、画像がありませんので、左上の「+Add New」をクリック。

Texture
Texture

Textureが開きますので、今回はPCからアプロードをするので一番下にある「Import Files」をクリック。

するとファイルアップローダーが立ち上がりますので、PCの画像をアップロード。

画像のアップロードが完了
画像のアップロードが完了

アップロードが完了すると再度モーダルウィンドウが立ち上がり、アップロードした画像が追加されていますので「OK」をクリック。

Preview
Preview

これで、「Preview」の背景が作成した画像に変わりました。

基本はこれだけです。

作ったプロジェクトは保存しておきましょう。

プロジェクトの保存
プロジェクトの保存

「Save」や「Save as…」からPCに保存。

PCに保存
PCに保存

作成した「Lens」を公開する

Lens Studioで作成した「Lens」を公開しないと、Snap Camera側で使えません。

そこで、「Lens」の公開を行います。

レンズを公開する前に、まずLens Studioの左上にある「Project Info」をクリック。

Project Info
Project Info

ここで、「Lens Name」を変えておきましょう。

その後、まずLens Studioの左上にある「Publish Lens」をクリック。

My Lenses
My Lenses

すると、「My Lenses」が立ち上がりますので、「Tags(タグ)」や「Scan Trigers」、「Lens Preview(プレビュー用の画像や動画)」を追加して「Submit」をクリックするだけ。

公開完了
公開完了

これで、Snap Cameraで先ほどの「Lens Name」などで検索すれば呼び出せます。

実際にSkypeで使ってみたのがこちら。

オリジナルのバーチャル背景
オリジナルのバーチャル背景

上の画像ではテキストを入れていますが、利用するアプリやカメラによっては、画像の縦横比が異なりますので、切れてしまったりもしますので、その点は注意が必要です。

スポンサードサーチ