CS-Cart B2BとCS-Cart B2B & B2Cの買い切りライセンス提供は2020年末までの予定

スポンサードサーチ

多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」は、現在ではB2C向けだけでなく、B2B向けにCS-Cart B2BとCS-Cart B2B & B2Cという二つのライセンスが用意されていますが、この買い切りライセンスについては、2020年末で販売が終了いたします。

買い切りライセンスは2020年末まで

CS-Cart B2BとCS-Cart B2B & B2Cは、企業間電子取引と呼ばれるWeb EDIの構築ができる、メーカーや卸売会社向けのECサイト構築パッケージです。

製造施設を保有しているメーカーが企業に製品を販売する場合や、様々な製品を供給者から仕入れて販売をしている卸売会社は、製品を購入する企業に対して、簡単かつ迅速に購入ができる仕組みを用意することが求められています。

また、B2B取引では取引数量や与信状況などにより、企業毎に価格を変更するなどのB2Cとは異なる様々な商習慣があり、B2B ECではこれらに対応することが必須となっています。

これに対し、CS-Cart B2BとCS-Cart B2B & B2Cには、効果的で使いやすいB2B ECサイト(Web EDI)構築・運用に特化した機能が用意されています。

このCS-Cart B2BとCS-Cart B2B & B2Cのライセンスには、CS-Cart ライセンス価格に記載をしているように、買い切りライセンスと月額支払いの二つの支払い形態が用意されています。

しかし、この買い切りライセンスについて、現時点では2020年末で販売が終了することがCS-Cartからリージョン・リセラーに対して発表されています。

そのため、買い切りライセンスを検討されている場合には、2020年末までライセンス購入をすることをお勧めします。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ