Magentoの2.2.5と2.1.14がセキュリティアップデート

公開日: 2018/06/29 更新日: 2018/06/29
カテゴリー: EC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月27日にMagentoは、Magento Open Source製品のセキュリティと機能を強化するため、新バージョンをリリースしました。

MAGENTO 2.2.5 AND 2.1.14 SECURITY UPDATE

対象となるバージョンは以下の通り。

  • Magento Open Source 2.2.3
  • Magento Open Source 2.1.12
  • Magento Open Source 2.0.18
  • Magento Open Source 1.9.3.8
  • SUPEE-10570 to patch earlier Magento 1.x versions

リモートコード実行脆弱性(RCE)、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの脆弱性に対応

Magento Commerce and Open Source 2.2.5と2.1.14には、リモートコード実行脆弱性(RCE)、クロスサイトスクリプティング(XSS)、クロスサイトリクエストフォージェリー(CSRF)の脆弱性に対応しています。

以前にMagento 2のリリースをダウンロードしていない場合は、Magento CommerceまたはOpen Source 2.2.5に直接アップグレードする必要があります。

詳細については、Security Best Practicesをご覧ください。

また、セキュリティ・アップデートの詳細については、以下を参照してください。
Magento 2.x Security Updates
Magento 1.x and SUPEE-10752 Security Updates

早急な対応を

MagentoのサイトのMy Accountにログインすれば、Magento Commerceのアップデートをダウンロードできます。

オープンソースのソフトウェアは、ダウンロードページから入手できます。

セキュリティの変更に関する詳細は、Magentoセキュリティセンターで入手できます。

Magentoの運用をされている方は、早急に対応を行いましょう。

タグ: , , , , , , , , , , , ,