TweetDeck

スポンサードサーチ

Twitterのアカウントを複数運用している場合に、一画面でツイートを管理するのはTweetDeckが大変便利です。

TweetDeck
TweetDeck

ただ、全てのアカウントを同じぐらいの発信頻度で使うのではなく、メインで使うアカウントとサブアカウントの利用頻度が大きく異なっている場合には、画面がごちゃごちゃしていて使いにくいところがあります。

TweetDeck 運用画面
TweetDeck 運用画面

このような場合には、「アカウントの追加」を使うのが便利です。

Twitterの「アカウントの追加」とは?

「アカウントの追加」をする方法は、Twitterのヘルプセンターに「複数のアカウントを管理する方法」として載っていますが、手順は以下の通り。

Twitterのアカウントにログイン

Twitterのアカウントにログイン
Twitterのアカウントにログイン

まず、メインとなるTwitterのアカウントにログインします。

左メニューのもっと見るをクリック

左メニューのもっと見るをクリック
左メニューのもっと見るをクリック

左メニューの「もっと見る」をクリックをすると、ポップアップメニューが開きます。

そこで、右上にある「+」をクリック。

「既存のアカウントを追加」をクリック

既存のアカウントを追加
既存のアカウントを追加

「アカウント」画面がポップアップで開きますので、「既存のアカウントを追加」をクリック。

追加する既存のアカウントにログイン

追加する既存のアカウントにログイン
追加する既存のアカウントにログイン

「追加する既存のアカウント」画面になりますので、電話、メールアドレス又はユーザー名とパスワードを入れてログイン。

メニュー表示が変更

元のアカウントが表示
元のアカウントが表示

ログインができると、追加したログインのアカウント画面に切り替わります。

そこで再度左メニューの「もっと見る」をクリックをすると、ポップアップメニューが開きますが、右上が「+」ではなく元のアカウントと「…」が表示されています。

そこで、 「…」 をクリック。

アカウントの切り替えが可能に

アカウント選択が可能に
アカウント選択が可能に

アカウントが表示されますが、表示されたアカウントをクリックするだけでアカウントが切り替えが可能に。

ただし、最大5アカウントまでしか追加できません。

そのため、管理アカウントが多い場合にはTwitterアナリティクス画面から切り替える方法がいいかもしれません。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ