スポンサードサーチ

2018年8月2日に「WordPress 4.9.8」がリリースされました。
WordPress 4.9.8 Maintenance Release
WordPress 4.9.8 メンテナンスリリース

46件のバグ修正、改善

このメンテナンスリリースでは、46件のバグ修正、改善が行われ、同梱テーマ Twenty Seventeen の更新も実施されました。

「Gutenberg を試そう」の呼びかけ

また、WordPress 5.0で同梱される予定の新エディターGuntenbergを試す「Gutenberg を試そう」の呼びかけが、ダッシュボードに表示されるようになっています。(Guntenbergは現時点ではPlugin(プラグイン)として提供されています。)

これは、WordPress 4.9.8 で以下のユーザーに表示されます。

  • Guntenbergプラグインをインストールしていない、または有効化していない場合
  • Guntenbergプラグインをすでにインストール・有効化している場合は、寄稿者権限以上の人
  • Classic Editor プラグインをインストール・有効化している場合は表示されない

詳細な情報は “Try Gutenberg” Callout in WordPress 4.9.8(英語)に記載があります。

プライバシー関連の修正と改善

今回の4.9.8には、4.9.6で追加された新しいパーソナルデータツールの一貫性と柔軟性を確保することにフォーカスした18のプライバシー修正が含まれています。

  • 確認しようとしているリクエストの種類が、すべてのプライバシー確認メールの件名に含まれるように
  • マルチサイトでのプライバシーメールに使用されているサイト名の一貫性向上
  • プライバシーリクエスト管理画面のページ送りを調整可能に

4.9.8 で修正されたすべての問題についての詳細な情報は、こちらにあります。

自動アップデートが始まっている

今回のリリースは、セキュリティリリースではないので特に急いでアップデートを行う必要はありませんが、自動アップデートに対応しています。

自動バックグラウンド更新の設定を行っている場合には、自動でアップデートが行われている場合があります。

月額9,900円で独自ECサイトを構築できる「ファースト・ローンチ」

ファースト・ローンチ」の「CS-Cart」スタートプランは、月額9,900円で多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」に、日本国内の配送業者に対応した「日本国内向け配送料金算」アドオンの導入と日本語対応、初期設定を行ってご提供しています。

スピード感のある独自ECサイト構築をしたい、BASEやShopifyでは物足りない、独自ECサイトを構築したい、という場合には是非「ファースト・ローンチ」をご検討ください。

ファースト・ローンチ 公式サイト

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ