セキュリティ上の問題を解決した「WordPress 5.0.1」がリリース

公開日: 2018/12/17 更新日: 2018/12/17
カテゴリー: WordPress
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月13日にセキュリティ上の問題を解決した「WordPress 5.0.1」がリリースされました。
WordPress 3.7以降のすべてのバージョンに対応したセキュリティリリースです。
Plugin(プラグイン)の作者は、後方互換性の情報を得るために5.0.1 開発者ノートを読むことをおすすめします。

WordPress 5.0.1 Security Release
WordPress 5.0.1 セキュリティリリース

スポンサードサーチ

いくつかのバグの修正

WordPressの5.0以前のバージョンは、5.0.1で修正された以下のバグの影響を受けますが、WordPress 4.9以前のリリースの更新版も、5.0まで更新されていないユーザーにも利用可能です。

  • 投稿者が権限のないファイルを削除できるよう、メタデータを変更できてしまう。
  • 投稿者が特別に細工された入力を使うことで、権限のない投稿タイプの投稿を作成できてしまう。
  • 貢献者が PHP オブジェクトインジェクションをもたらす方法でメタデータを細工できてしまう。
  • クロスサイトスクリプティング (XSS)の脆弱性につながり得る、より高い権限を持つユーザーからの新規コメントを貢献者が編集できてしまう。
  • 別に細工された URL の入力が状況次第でクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性につながり得ることも発見しました。WordPress 自体は影響を受けませんでしたが、プラグインは場合によっては影響を受ける可能性がありました。
  • メールアドレスや、稀なケースではデフォルトの生成パスワードの漏洩につながり得る、ユーザー有効化画面が珍しい設定で検索エンジンにインデックスされてしまう。
  • クロスサイトスクリプティングの脆弱性につながり得る、Apache でホストされたサイトの投稿者が、MIME 検証をバイパスする、特別に細工されたファイルをアップロードできてしまう。

自動アップデートが始まっている

今回も自動アップデートに対応していますので、自動バックグラウンド更新の設定を行っている場合には自動でアップデートが行われている場合があります。

しかし、自動バックグラウンド更新の設定を行っていない場合や、まだアップデートが行われていない場合には、WordPress 5.0.1をダウンロードして手動で更新するか、ダッシュボードから更新が必要です。
WordPress5.0にアップグレードしていなかったものには、4.9.9が提供されています。

WordPressの運用をされている方は、早急に対応を行いましょう。

スポンサードサーチ

タグ: , , , , , , ,