WordPress 5.0 “Bebo”がリリースされました

公開日: 2018/12/10 更新日: 2018/12/09
カテゴリー: WordPress
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月7日に、WordPress 5.0 “Bebo”がリリースされました。

WordPress 5.0 “Bebo”

WordPress 5.0 “ベボ”

変更点

今回の大きな変更点は、エディターでWordPressの編集機能がデフォルトで「ブロックエディタ」と言う方式(通称:「Gutenberg」)に変わりました。

ブロックで構築

「ブロックエディター」ではコンテンツをブロック単位で編集を行います。

用意されるブロック
用意されるブロック

見出しや画像、テキストといったコンテンツの各パーツは、それぞれのブロックの中にあって簡単に移動することもできます。

「Gutenberg」新規投稿画面
Gutenberg」新規投稿画面

例えば、画像を入れたい場合には画像のブロックを使って編集を行います。

画像ブロックの編集
画像ブロックの編集

テキストを入れたい場合には、テキストのブロックを使って編集を行います。

テキストブロックの編集
テキストブロックの編集

新しいデフォルトテーマ「Twenty Nineteen 」

新しいデフォルトテーマとして「Twenty Nineteen 」が用意されました。

デフォルトテーマ「Twenty Nineteen 」
デフォルトテーマ「Twenty Nineteen 」

ブロックエディターのために設計

「Twenty Nineteen」 は、5.0のデフォルトで利用可能なブロックへのカスタムスタイルが備わっており、テーマ全体でエディタースタイルを幅広く使用しているため、コンテンツエディターで作った内容がサイトのフロントで見えるものと同じになります。

システムフォントを利用して読み込みスピードをアップ

「Twenty Nineteen」 は、システムフォントを使用して、読み込みスピードが向上しています。

Gutenberg」のデメリット

WordPressの編集機能がデフォルトで「Gutenberg」になったことで、デメリットもあります。

それは、「Gutenberg」がJavaScriptフレームワークであるReactに基づいて構築されており、REST API、ESnext + JSX、WebPackなどの多くの最新のテクノロジーも活用しているため、開発者はこれらに対応する必要があります。

また、WordPressのテーマ(Theme)とプラグイン(Plugin)の大半が「Gutenberg」との互換性があるように修正の必要があり、現時点ではまだ対応ができていないという点です。

元の編集画面に戻す方法

「Gutenberg」の編集機能は、従来の編集機能とはずいぶん異なりますし、多くのテーマ(Theme)とプラグイン(Plugin)が対応していないことから、元の編集画面に戻したい、という方もおられると思います。

そのため、プラグイン(Plugin)として「Classic Editor」が用意されています。

「Classic Editor」
「Classic Editor」

こちらのプラグイン(Plugin)をインストールして有効化することで、元の編集画面を使う事ができま。

 「Classic Editor」のサポートは、2021年まで続きます。

タグ: , , , , , , ,