WordPress 5.4 “Adderley”

スポンサードサーチ

2020年3月31日にWordPress 5.4 “Adderley”がリリースされました。

WordPress 5.4 “Adderley”

WordPress 5.4 “Adderley”
WordPress 5.4 “Adderley”

変更点

WordPress 5.0 で導入されたブロックエディターの機能ががさらに拡張されています。

ソーシャルアイコンとブロックの改善。

新しく「ソーシャルアイコン」が追加されました。

ソーシャルアイコンが新たに追加
ソーシャルアイコンが新たに追加

ブロックの中から「ソーシャルアイコン」を追加すると、ソーシャルメディアの各アイコンが表示されます。

ソーシャルアイコン
ソーシャルアイコン

それぞれのアイコンをクリックすると、URL入力ボックスが開きますので、リンク先を設定できます。

また、以前からあった「ボタン」が同じ行に複数のボタンを設定できるようになりました。

複数ボタンの設定
複数ボタンの設定

ボタンブロックとカバーブロックでグラデーションが使えるようになりました。

ボタンブロックとカバーブロックのグラデーション
ボタンブロックとカバーブロックのグラデーション

リッチテキストブロックでの色設定、グループおよびカラムブロックでの色設定にも対応。

リッチテキストブロックでの色設定
リッチテキストブロックでの色設定

メディアの差し替えは、以前はいちいち画像を削除をして行う必要がありましたが、5.4では置換という項目が表示されており、そこからメディアファイルの呼び出しができます。

メディアの置換
メディアの置換

また、メディアの画像をパンフレットの画像にリンクしてダウンロードできるように「添付ファイルのページ」へリンクが出来るようになりました。

添付ファイルへのリンク
添付ファイルへのリンク

ブロックナビゲーション

投稿の上部には、ブロックパンくずリストによるブロックナビゲーションがつきました。

ブロックナビゲーション
ブロックナビゲーション

キーボード操作が必要な場合のタブ移動とフォーカスが改善され、ほぼすべてのブロックでのタブキーを使ったサイドバーへの移動ができます。

また、エディターの読み込みが14%、入力にかかる時間が51%速く。

「ヒント」はなくなり、必要に応じて「ウェルカムガイド」を表示できます。

ウェルカムガイド
ウェルカムガイド

ブロックの「編集」モードになのか、「移動」モードなのかがわかるようになrりました。

「移動」モード
「移動」モード

プライバシー

5.4では個人データのエクスポートに、ユーザーセッション情報と、コミュニティイベントウィジェットからのユーザーの位置データが含まれるようになり、目次も追加されました。

個人データのエクスポート
個人データのエクスポート

プライバシーツールを使用して、エクスポートおよび消去のリクエストを処理する際の進捗を確認できます。

開発者向け

メニュー項目にカスタムフィールドを追加する

2つの新しいアクションを使用して、Plugin(プラグイン)やカスタムウォーカーを作成することなしに、カスタムフィールドをメニュー項目に追加できます。

メニュー管理画面では、メニューエディターのナビゲーションメニュー項目の移動ボタンの直前にwp_nav_menu_item_custom_fieldsが動作します。

カスタマイザ内では、メニュー項目フォームフィールドテンプレートの最後で、 wp_nav_menu_item_custom_fields_customize_templateが動作します。

コードをチェックして、これらの新しいアクションがカスタムコードを置き換えることができる場所を確認し、重複が心配な場合は、WordPressバージョンのチェックを追加してください。

ブロック:よりシンプルなスタイル、新しい API と埋め込み

ブロックのスタイルが簡単に。

マイナス値のマージンやデフォルトのパディングはなくなり、必要に応じて、ブロックに自由にスタイルを当てられます。

さらにリファクタリングにより、4段階の冗長なラッパー divが削除されました。

Plugin(プラグイン)を作成すると、カテゴリーの名前空間ごとにブロックのコレクションを登録できるようになりました。

これにより、ブランドの認知度を高めることができます。

ブロックバリエーションとグラデーションの2つの新しい API を使用して、ユーザーがさらに多くのことを行えるように。

埋め込みでは、ブロックエディターが TikTok をサポートするようになり、CollegeHumor はなくなりました。

スポンサードサーチ