WordPress 5.1 “Betty”がリリースされました

スポンサードサーチ

2019年2月21日にWordPress 5.1 “Betty”がリリースされました。

WordPress 5.1 “Betty”

WordPress 5.1 “Betty”
WordPress 5.1 “Betty”

WordPress 5.1 “Betty”では、特にエディタの全体的なパフォーマンスを改善することに焦点を当てています。

変更点

サイトヘルス

サイトヘルス機能では、WordPressを動かしているプログラミング言語のPHPが古いバージョンの時に、Webサイトの管理者に通知します。

新しいPlugin(プラグイン)をインストールすると、WordPressのサイトヘルス機能は、実行中のPHPのバージョンと照合し、Plugin(プラグイン)があなたのWebサイトで動作しないバージョンが必要な場合、WordPressはそのPlugin(プラグイン)をインストールさせないようにします。

エディターのパフォーマンス

WordPress 5.0で導入された新しいブロックエディターは改善が続けられており、WordPress 5.1ではエディターの起動が少し早くなり入力がスムーズになります。

次の2、3のリリースではさらにパフォーマンスの向上が見込まれます。

開発者向けの改善点

マルチサイトメタデータ

5.1では、サイトに関連付けられたメタデータを格納するための新しいデータベーステーブルが導入され、マルチサイト/ネットワークのコンテキストに関連する任意のサイトデータの格納が可能になりました。

Cron API

Cron APIには、データを返すのを助ける新しい機能が更新され、cron ストレージを変更するための新しいフィルターが含まれています。

この変更は、FastCGIおよびPHP-FPMバージョン7.0.16以降を実行しているサーバでのcron生成に影響します。

新しいJSビルドプロセス

WordPress 5.1は、5.0リリースで開始されたコードの大規模な再編成に続いて、新しいJavaScriptビルドオプションを備えています。

他の改善点

その他の改善点は、Miscellaneous Developer Focused Changes in 5.1(英語)をご覧ください。

低コスト・短期間で独自ECサイトを構築できる「ファースト・ローンチ」

ファースト・ローンチ」の「CS-Cart」スタートプランは、多言語・多通貨対応ECパッケージ「CS-Cart」に、日本国内の配送業者に対応した「日本国内向け配送料金算」アドオンの導入と日本語対応、初期設定を行ってご提供しています。

スピード感のある独自ECサイト構築をしたい、BASEやShopifyでは物足りない、独自ECサイトを構築したい、という場合には是非「ファースト・ローンチ」をご検討ください。

ファースト・ローンチ 公式サイト

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ