WordPress 5.1 “Betty”がリリースされました

公開日: 2019/02/22 更新日: 2019/05/08
カテゴリー: WordPress
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月21日にWordPress 5.1 “Betty”がリリースされました。

WordPress 5.1 “Betty”

WordPress 5.1 “Betty”
WordPress 5.1 “Betty”

WordPress 5.1 “Betty”では、特にエディタの全体的なパフォーマンスを改善することに焦点を当てています。

スポンサードサーチ

変更点

サイトヘルス

サイトヘルス機能では、WordPressを動かしているプログラミング言語のPHPが古いバージョンの時に、Webサイトの管理者に通知します。

新しいPlugin(プラグイン)をインストールすると、WordPressのサイトヘルス機能は、実行中のPHPのバージョンと照合し、Plugin(プラグイン)があなたのWebサイトで動作しないバージョンが必要な場合、WordPressはそのPlugin(プラグイン)をインストールさせないようにします。

エディターのパフォーマンス

WordPress 5.0で導入された新しいブロックエディターは改善が続けられており、WordPress 5.1ではエディターの起動が少し早くなり入力がスムーズになります。

次の2、3のリリースではさらにパフォーマンスの向上が見込まれます。

開発者向けの改善点

マルチサイトメタデータ

5.1では、サイトに関連付けられたメタデータを格納するための新しいデータベーステーブルが導入され、マルチサイト/ネットワークのコンテキストに関連する任意のサイトデータの格納が可能になりました。

Cron API

Cron APIには、データを返すのを助ける新しい機能が更新され、cron ストレージを変更するための新しいフィルターが含まれています。

この変更は、FastCGIおよびPHP-FPMバージョン7.0.16以降を実行しているサーバでのcron生成に影響します。

新しいJSビルドプロセス

WordPress 5.1は、5.0リリースで開始されたコードの大規模な再編成に続いて、新しいJavaScriptビルドオプションを備えています。

他の改善点

その他の改善点は、Miscellaneous Developer Focused Changes in 5.1(英語)をご覧ください。

スポンサードサーチ

タグ: , , , , ,