WordPress 5.2 Jaco

スポンサードサーチ

2019年5月7日にWordPress 5.2 “Jaco”がリリースされました。
WordPress 5.2 “Jaco”
WordPress 5.2 “ジャコ”

WordPress 5.2 “Jaco”
WordPress 5.2 “Jaco”

WordPress 5.2 “Jaco”では、WordPress 5.1 “Betty”で導入されたサイトヘルス機能が強化され、PHP エラーに対するプロテクションが追加されました。

変更点

サイトヘルスチェック

WordPress 5.1 “Betty”で導入されたかなり古いバージョンの PHP (WordPress を動しているプログラミング言語) を実行しているサイト管理者に対し、WordPress はお知らせを表示するサイトヘルス機能が強化されました。

サイトヘルスチェック画面
サイトヘルスチェック画面

左メニューの「ツール」の中に「サイトヘルス」メニューが用意され、クリックすると上記のようなサイトヘルスチェックを行った状況が表示されます。

PHP エラープロテクション

PHP エラープロテクションにより、プログラムのエラーチェックが入るようになり、致命的なエラーを安全に修正もしくは管理できるようになりました。

今までは、theme(テーマ)やplugin(プラグイン)でPHPの記述を間違ったり、導入したplugin(プラグイン)でコンクリフトを起こした場合、画面が真っ白になる「死のホワイトスクリーン」が出て、原因究明が大変になる事がありました。

これに対し、WordPress 5.2 “Jaco”では、エラーを引き起こしているPlugin(プラグイン)もしくはtheme(テーマ)を停止させるリカバリーモードへの移行が行われます。

一般向けの改善点

アクセシビリティの向上

スクリーンリーダーやその他の支援技術を利用する方々のため、状況認識とキーボードナビゲーションのフローを改善するための多くの変更が行われました。

新しいダッシュボードアイコン

Instagram、BuddyPress 用のアイコンセット、そしてグローバルな多様性を受け入れるための回転する地球を含む13個の新しいアイコンが備わりました。

プラグイン互換性チェック

インストールされているplugin(プラグイン)が、WordPressを導入しているサイトのPHPバージョンと互換性があるかを 自動的に検知するようになり、インストールができなくなります。

また、plugin(プラグイン)が現在使用中のPHPのバージョンよりも上のバージョンを必要とする場合、WordPressの最低バージョンとphpバージョンをチェックし、どちらも満たしていないと有効化ができなくなりました。

開発者向けの改善点

PHPバージョンの引き上げ

WordPressでサポートされるPHPの最低バージョンが5.6.20になり、サーバのPHPバージョンをチェックして5.6.20以上でないとWordPressがイントールできなくなりました。

これにより、theme(テーマ)とplugin(プラグイン)は、名前空間、無名関数、短い配列の構文、短い糖衣構文などが利用できるようになりました。

プライバシーのアップデート

プライバシーポリシーページのカスタマイズとデザインを容易にするために、4つの新機能が追加されました。

新しいボディタグのフック

WordPress 5.2 “Jaco”では、wp_body_openフックが導入され、theme(テーマ)で タグの直後にコードを挿入できるようになりました。

JavaScriptのビルド

Gutenberg 5.3のリリースでは、wordpress/scriptsパッケージ内でのwebpackとBabel設定を含むように更新がされたことで、ESNext開発環境の構築が非常に簡単になり、JavaScriptを書くための複雑なビルドツールのセットアップに開発者は悩む必要がなくなりました。

スポンサードサーチ