セキュリティ上の問題修正、機能強化を行ったWordPress 5.4.2がリリース

スポンサードサーチ

2020年6月10日にセキュリティ上の問題と修正、機能強化を行った「WordPress 5.4.2」がリリースされました。

WordPress 5.4.2 Security and Maintenance Release

WordPress 5.4.2 Security and Maintenance Release
WordPress 5.4.2 Security and Maintenance Release

23の修正と機能強化

WordPress 5.4.2には、23の修正と機能強化が含まれており、いくつかのセキュリティの修正も追加されます。

これらのバグはWordPressの5.4.1以前のバージョンに影響しますので、修正された5.4.2にアップグレードをする必要があります。

まだ5.4にアップデートしていない場合は、バグを修正する5.3以前のアップデートバージョンも用意されています。

セキュリティアップデートの内容

  • 低い権限の認証済みユーザーが、ブロックエディターでの投稿にJavaScriptを追加できるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性。
  • アップロード権限を持つ認証済みユーザーが、メディアファイルにJavaScriptを追加できるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性。
  • wp_validate_redirect()でのオープンリダイレクトの脆弱性。
  • Theme(テーマ)のアップロードでのクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性。
  • 権限の昇格につながるPlugin(プラグイン)がset-screen-optionを誤って利用する脆弱性
  • パスワードで保護された投稿やページからのコメントが特定の条件下で表示される可能性の問題。

詳細については、full list of changesを参照するか、5.4.2 documentation pageを確認してください。

自動アップデートが始まっている

WordPress 5.4.2は、短期間のメンテナンスリリースですので、次のメジャーリリースはバージョン5.5になります。

今回も自動アップデートに対応していますので、自動バックグラウンド更新の設定を行っている場合には自動でアップデートが行われている場合があります。

しかし、自動バックグラウンド更新の設定を行っていない場合や、まだアップデートが行われていない場合には、WordPress 5.4.2をダウンロードして手動で更新するか、ダッシュボードから更新が必要です。

WordPressの運用をされている方は、早急に対応を行いましょう。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ