WordPress 5.5“Eckstine”

スポンサードサーチ

2020年8月11日にWordPress 5.5 “Eckstine”がリリースされました。

WordPress 5.5 “Eckstine”

WordPress 5.5「エクスタイン」

WordPress 5.5“Eckstine”
WordPress 5.5“Eckstine”

WordPress 5.5 “Eckstine”の変更点は、以下の通り。

ブロックエディタの新機能

Gutenbergのブロックエディターで、新機能が追加されています。

新しいブロックディレクトリとパターン

新しいブロックディレクトリはブロックエディターに組み込まれているので、エディターから離れることなく新しいブロックタイプを選べるようになっています。

また、ブロックパターンを使えば、テキストとメディアを組み合わせて様々なレイアウトを作ることができます。

ブロックディレクトリとパターン
ブロックディレクトリとパターン

インライン画像編集

画像ブロックから直接、写真を切り抜き、回転、ズームできるようになりました。

インライン画像編集
インライン画像編集

これにより、メディアライブラリを起動しなくても、画像の位置をトリミング、回転、ズーム、調整できるため、編集作業が高速にできます。

下付き文字と上付き文字

下付き文字と上付き文字の設定が利用できるようになりました。

下付き文字と上付き文字
下付き文字と上付き文字

タイポグラフィ

タイポグラフィを使用することで、文字の級数を簡単に変更することができるようになりました。

画像の遅延読み込み対応

画像の遅延読み込みは、重要でない読み込みを後回しにすることで速度の最適化を図る手法で、ページの読み込み時にコンテンツを読み込み、残りの画像のダウンロードとレンダリングを実際に必要になるまで遅らせる機能です。

この画像の遅延読み込みのおかげで、投稿と固定ページがより高速に感じられますが、WordPress 5.5 “Eckstine”では、画像がスクロールして表示されるまで画像の読み込みを待機させる「遅延読み込み (lazy loading)」に対応しています。

また、モバイルでは、遅延読み込み機能がブラウザーが他の端末向けに用意されたファイルを読み込まないようにすることもできます。

サイトマップ生成機能の追加

WordPressでは、サイトマップをはPlugin(プラグイン)などのツールが必要でしたが、WordPress 5.5 “Eckstine”ではデフォルトでXMLサイトマップが含まれるようになりました。

また、基本的な動作の他にPlugin(プラグイン)開発者が機能をさらに拡張できるためのフックとフィルターも数多く用意されています。

Plugin(プラグイン)やTheme(テーマ)の自動更新

WordPressを安全に運用するためには、WordPressコアだけでなくPlugin(プラグイン)やTheme(テーマ)も、常に最新の状態に保つ必要があります。

しかし、コアメンテナンスとセキュリティリリースの自動更新がデフォルトで有効になっていても、Plugin(プラグイン)やTheme(テーマ)については、アップデートによる不具合が発生する可能性を考慮すると、自動更新をしていなかったのがほとんどだと思います。

これに対し、WordPress 5.5 “Eckstine”では、Plugin(プラグイン)やTheme(テーマ)の自動更新を管理画面で有効化したり無効化したりできるようになります。

ZIP ファイルをアップロードして更新

Plugin(プラグイン)やTheme(テーマ)を手動で更新したい方も、ZIP ファイルをアップロードするだけで対応が可能です。

アクセシビリティ

メディア画面とモーダルダイアログのリンクをボタンでコピーできるようになり、キーボードでメタボックスを動かしたり、画像エディターで指示を読み上げられるので、支援デバイスを使ってWordPressで画像を編集することもできるようになりました。

開発者向け情報

以下は、開発者向けの情報です。

REST API 内のサーバーサイド登録済みブロック

ブロックタイプのエンドポイントが追加されたことで、JavaScript アプリ (例えばブロックエディターのようなもの) が、サーバに登録されているすべてのブロックの定義を取得できるようになりました。

環境の定義

WordPress にサイトの環境タイプ (staging、production 等) を定義する標準的な方法が追加されました。wp_get_environment_type() でタイプを取得し、環境に適切なコードのみを実行できます。

Dashicons

Dashicons ライブラリーはWordPress 5.5 “Eckstine”の最終更新を反映しました。39個のブロックエディターアイコンと26個のその他のアイコンが追加されました。

テンプレートファイルへのデータの受け渡し

テンプレート読み込み関数 (get_header()get_template_part() など) に新しい $args 引数が追加されました。これで、これらのテンプレートに配列全体のデータを渡すことができるようになりました。

開発者向けのその他の変更

  • PHPMailer ライブラリーがバージョン5.2.27から6.1.6にメジャーアップデートされました。
  • よりきめ細かく redirect_guess_404_permalink() を制御できるようになりました。
  • PHP の OPcache を使用するサイトでは、プラグインやテーマを含む更新中に使われる新しい wp_opcache_invalidate() 関数のおかげで、より信頼性のあるキャッシュの無効化が行われます。
  • カテゴリーのタクソノミーに関連付けられたカスタム投稿タイプは、初期設定のタームのサポートをオプトインできるようになりました。
  • register_taxonomy() のカスタムタクソノミーに初期設定のタームを指定できるようになりました。
  • REST API は、register_meta() によるメタデータの初期値の指定を正式にサポートするようになりました。
  • 組み込みライブラリーをバージョンアップしました: SimplePie、Twemoji、Masonry、imagesLoaded、getID3、Moment.js、clipboard.js

スポンサードサーチ