WordPressで大規模サイト構築をする際に気をつけるべき3つのポイント

公開日: 2018/03/16
カテゴリー: WordPress
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressで小規模なWebサイトを構築する時と、大規模なWebサイトを構築するときでは、要件定義や設計段階において特に気をつける項目が異なります。

これを当初から理解をしていなければ、プロジェクトの炎上を招いてしまいます。

そこで、今回はWordPressで大規模サイトを構築するときに想定すべき3つのポイントについて述べてみたいと思います。

3つのポイント

WordPressでの大規模サイト構築におけるポイントとしては、大きく以下の3つがあります。

データ構造の複雑化

大規模サイトは、ページ数が多いという当たり前の話がありますが、Webサイトのページ数が多い場合には単なるブログやニュースがあるだけの小規模サイトとは異なるデータ構造を取っているケースが大半です。

特に、リニューアルの場合だとデータ構造が複雑になっているケースが殆どです。

例えば、商品情報が何百ページに渡って存在する場合、商品のデータ構造(商品名、価格、色、容量、サイズ、発売日など)に合わせたカスタマイズが行わているのが一般的です。

また、単なるブログであっても、リニューアルによりユーザーのユーザビリティを上げ、商品情報へのリーチを良くする事を考えると、既存のカテゴリーやタグを見直す必要が出てきます。

さらに、Webサイトの階層化構造を見直して、投稿の方法から変更するといったことも良くあるケースです。

このように、大規模サイトではデータ構造が複雑なものが多くなるため、特にリニューアルにおいてはデータをどのように持たせて、どのようにデータ移行を行うか、という部分に考慮した設計をする必要があります。

インフラとシステムの連携が必須

大規模サイトは、ページ数が多いため1日に1回も見られないページある一方、大量のアクセスが発生するページが出てきますが、WordPressは、Movable Typeとは異なり動的にページを表示するために、サーバとDBの負荷が高くなる傾向があります。

アクセスのあまり多くないWebサイトの場合には、2018年度版WordPressでWebサイトを構築する時に入れるべき3つの高速化Pluginでご紹介したPlugin(プラグイン)導入を行う事が最初の対応としては考えられます。

しかし、想定アクセス数が当初から多い事が想定される大規模サイトの場合、サーバやDBのチューニングを行うのはもちろんこと、WebサーバとDBサーバを分ける、あるいはロードバランサーを入れてWebサーバを複数台構成にする、CDNやVernishを導入する、といったインフラ構成も含めた形での設計が必須となります。

管理ユーザー数が多い

大規模なWebサイトの場合、管理者が複数の人数に渡るケースが多く、メディアサイトになると投稿する人だけで数十人という事もザラです。

そのため、単なる投稿者から編集をする人、公開を行う人というように、ステータス毎の権限設定を詳細に行う必要があり、場合によってはWordPressのデフォルト権限以外のステータスを新たに設定する必要もあります。

また、メディアサイトでは、データ投入時にデザインのクオリティを担保するために、管理画面の個別カスタマイズを行うか、デザインテンプレートを用意するというように、利用者のリテラシーと運用業務フローを見据えた設定と機能が必要となります。

このように、大規模サイトでは管理ユーザーそれぞれにどういった権限が必要であり、どういったデータ入力方法を用意すべきか、というのを考慮した設計をする必要があります。

設計段階で様々な想定をしておく

このように、WordPressで大規模サイトを構築する際には、小規模サイトとは異なる注意点があり、実際の構築においてはこれら3つ以外にも様々な点を考慮した設計や構築が必要だというのを理解しておく事が重要です。

タグ: , , , , , , , ,