商品の購入に利用するデバイスはパソコンからスマホにシフト~ニールセン デジタル・コンシューマー・データベース2019

公開日: 2019/10/31 更新日: 2019/10/31
カテゴリー: EC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月29日に視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社が、 消費者のマルチスクリーン利用状況についての分析結果を発表しました。

この調査から、どの年代でもインターネットの利用デバイスはスマートフォン(スマホ)が主流になっていることが明らかとなっています。

– どの年代でもインターネット利用デバイスはスマートフォンが主流に
– 30代以下の約半数は「化粧品」「電化製品」「ファッション」を実店舗で購入する際にオンラインで検討
– 30代以下では2017年からデジタルのトリプルメディアの信頼度が全般的に増加

商品の購入に利用するデバイスはパソコンからスマートフォンにシフト~ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表~

スポンサードサーチ

40代以下では80%以上

こちらのレポートは、消費者のマルチスクリーンの利用動向調査「ニールセン デジタル・コンシューマー・データベース2019 (Nielsen Digital Consumer Database 2019)」をもとにしたもので、2019年9月6日~9月9日にかけて、スマートフォン、パソコン、タブレットのいずれかのデバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15歳(高校生)以上の男女、計2,984人を対象に調査が行われました。

年代別のデバイスの利用状況では、10代から60代以上までのどの年代でもスマートフォンからのインターネット利用が最も多くなっています。

図表1 年代別 各デバイスからのインターネット利用率
図表1 年代別 各デバイスからのインターネット利用率

40代以下では80%以上の人がスマートフォンからインターネットを利用し、50代でも70%以上の人がスマートフォンを利用しています。

図表2 デバイスの利用目的
図表2 デバイスの利用目的

デバイスの利用目的では、2017年には約半数が「商品を購入するため」にスマホよりもパソコンを利用していたのに対し、2019年には利用デバイスが逆転しています。

また、「買い物に関する情報を得るため」では、2年でスマートフォンでの利用が広がっています。

スマホファーストは続く

ECの世界だけにとどまらず、「スマホファースト」が言われて久しいですが、実際のリサーチ結果からもユーザーのインターネット利用が「スマホファースト」となっているのが良くわかります。

スポンサードサーチ

タグ: , , , , , ,