ECサイト自体をクローズドに

スポンサードサーチ

非対面・非接触型のビジネスモデルへの転換を考えて、ECサイトの構築に取り組む企業が増えています。

しかし、富裕層向けの百貨店の外商や、グループ企業の社員向け販売というように、本来の販売価格とは異なる「会員価格」を設定している場合には、会員以外がアクセスする事ができないようなクローズドのECサイト構築することが望まれます。

また、B2B ECにおいても、公開する必要のない情報や、公開することができない情報を扱うことが多いため、特定の企業の許可をしたユーザに対してのみ情報にアクセスできるクローズドECサイトを構築することが一般的です。

そこで、今回は一般向けECサイトと異なるクローズドECサイトに必要な機能について見ていきます。

クローズドECサイトとは?

一般のECサイトでは、誰もがECサイトにアクセスできて、商品ページを見ることができ、商品の価格も明確になっています。

一方、クローズドECサイトは公開する情報レベルに応じて、大きく3つに分かれます。

ECサイト自体を非公開に(完全クローズドECサイト)

一つ目は、ターゲットユーザーしかアクセスできない会員専用ECサイトです。

ECサイト自体をクローズドに
ECサイト自体をクローズドに

事前に会員登録をした企業や会員に対してのみURLを公開したり、ECサイト自体にパスワードや基本認証をかける、社内販売のように企業内のネットワークからしかアクセスできないようにしたり、会員別のID・パスワードでログインをしなければECサイト自体が表示できないようにしたりすることで、ECサイトを非公開にするものです。

例えば、B2C型、B2B型に対応できるECサイト構築パッケージ「CS-Cart」や、B2B2C型ECサイトであるマーケットプレイスサイトを構築できる「Multi-Vendor」では、管理画面でアクセスキーを設定するだけで、クローズドECサイトにすることができます。

アクセスキーでクローズドサイト化
アクセスキーでクローズドサイト化

この場合、ユーザーがアクセスキー無しでECサイトにアクセスしようとすると、「サービスは利用できません」という案内が表示されます。

また、会員登録がされているユーザーのみがECサイトにアクセスできるように、必ずログイン画面を経由させる、ということもできます。

ログインを必須に
ログインを必須に

さらに、新規登録されたアカウントは、管理者による承認を必須とすることもできます。

こういった機能を使い、ECサイト自体を非公開にする場合、一般向けに公開されているのは、ログイン機能のみにして会員登録も無かったり、ログイン機能と新規会員登録画面が用意されているだけのケースが殆どです。

新規会員登録画面がある場合でも、誰でも会員になれる訳ではなく、会員登録後に管理者側で与信を行い、承認をしたユーザーのみがログイン可能という形になるでしょう。

ただし、完全クローズドECサイトにすると、一般ユーザー向けのページがありませんので検索エンジンがクローリングできずSEO対策はできませんし、新規顧客がアクセスしてくるのは、オフラインでの告知や別のWebサイトなどで集めたユーザーのみとなります。

そのため、全くの新規顧客を集めたい場合には、完全クローズドECサイトは適しません。

ステータスに応じた特別価格を表示するクローズドECサイト

一般向けにもECサイトを公開しているが、一般会員と会員向けで価格が異なっていたり、会員のステータスや所属組織に応じた特別価格を表示するECサイトもあります。

ステータスに応じた特別価格を表示するクローズドECサイトは、完全クローズドECサイトとは異なり、一般向けにコンテンツは公開されているため、SEO対策は可能です。

また、企業間取引業務をEC化するB2B ECに必要な5つの機能とは?でご紹介したように、B2B型のECサイトにおいては、企業規模や取引数量のロット、取引年数などにより、企業毎に販売価格が異なるというのは一般的です。

このように、会員ステータスで様々な価格を表示するのは一般的ですが、そのための方法も以下の3種類があります。

会員ステータスに応じて会計時に一律割引

一つ目は、会員ステータスに応じて、ゴールド会員は20%引き、シルバー会員は10%引き、ブロンズ会員は5%引き、というような形です。

B2C型、B2B型に対応できるECサイト構築パッケージ「CS-Cart」や、B2B2C型ECサイトであるマーケットプレイスサイトを構築できる「Multi-Vendor」では、キャンペーン機能で、会員ステータスに対して割引を設定したり、配送を無料にしたり、ということができます。

会員ステータス応じて表示価格を変更する

二つ目は、一般向けには10,000円で販売している商品を、会員向けには8,000円で販売する、といったように、会員ステータスに応じて表示価格を変更する場合です。

先ほどの会計時に一律割引の場合、会計全体に対して適用するのに対し、こちらは、商品別に個別に割引率を設定することができますので、利益率に応じて細かく設定ができます。

B2C型、B2B型、B2B2C型に対応できるECサイト構築パッケージ「CS-Cart」や、B2B2C型ECサイトであるマーケットプレイスサイトを構築できる「Multi-Vendor」では、数量割引機能で、会員ステータスに対して別の金額設定をしたり、数量割引もさらに大幅に割引をしたり、ということができます。

数量割引機能
数量割引機能

所属組織に応じて割引を設定する

三つ目は、特定の企業会員の従業員に対して割引を設定するというように、所属組織別で割引を設定するような場合です。

B2B型に対応できるECサイト構築パッケージ「CS-Cart」では、企業などの組織単位でユーザーを管理できますが、キャンペーン機能で組織に対して割引を設定したり、配送を無料にしたり、ということができます。

組織単位での割引
組織単位での割引

一定の情報は見れるクローズドECサイト

最後は、ある程度の情報までは一般公開されていますが、価格を見たり注文をするためには会員登録が必要となる、一定の情報は見れるクローズドECサイトです。

この一定の情報は見れるクローズドECサイトは、卸売や仕入れサイトで多く利用されており、取り扱っている商品や参考上代は閲覧できるが、実際の卸値については会員登録が必要というものです。

一定の情報は見れるクローズドECサイトは、ステータスに応じた特別価格を表示するクローズドECサイトと同様に、完全クローズドECサイトとは異なり、一般向けにコンテンツは公開されているため、SEO対策は可能です。

新規会員登録は、管理者側などで与信が必要な場合と、新規登録後すぐに利用可能な場合があります。

B2C型、B2B型、B2B2C型に対応できるECサイト構築パッケージ「CS-Cart」や、B2B2C型ECサイトであるマーケットプレイスサイトを構築できる「Multi-Vendor」では、基本設定の注文手続きにおいて、ログインをしていないユーザに対して、価格もカートに追加のボタンも非表示にする、価格は表示してカートに追加ボタンのみを非表示にする、価格もカートに追加ボタンも表示する、から選択できるようになっています。

非ログイン時の挙動を選択可能
非ログイン時の挙動を選択可能

B2C型ECサイトとは異なる機能が必要になる

見てきたようにクローズドECサイトは、一般的なB2C型のECサイトとはかなり異なる機能が求められます。

他にも、会員登録申請機能やポイントシステムの他に、B2B2C型ECサイトであるマーケットプレイスサイトを構築できる「Multi-Vendor」で用意しているような、出品者に直接商品を販売してもらうパターンもあります。

しかし、非対面・非接触型のビジネスモデルへの転換を考える中では、クローズドECサイトの方が既存のビジネスモデルにマッチする部分も多いため、検討する価値はあるでしょう。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ