スポンサードサーチ

2017年12月20日に、CS-CartとMulti-Venderの4.7.1がリリースされましたが、CS-Cartのセキュリティ監査で、CS-Cart,Ultimate及びMulti-Vendorライセンスのすべての4.x.xバージョン(最新バージョン4.7.1を含む)に影響する様々な重大度の問題がいくつか明らかになりました。

セキュリティの観点から、現時点では脆弱性の詳細は公開されておりませんが、CS-CartでECサイトを運用されている方は早急な対応が必要です。

対象となるCS-Cartと対応方法

対象となるCS-Cart

対象となるCS-Cartは、CS-Cart,Ultimate及びMulti-Vendorライセンスの4.0.1から4.7.1までのバージョン(4.7.1 SP1を含む)です。

アップグレードで対応する方法

CS-Cart,Ultimate,Multi-vendorを4.7.1 SP2にアップグレードしてください。

4.7.1 SP2には、CS-Cartが認識しているすべてのセキュリティ問題の修正が含まれており、管理画面のアップグレードセンターから利用ができます。

4.7.1 SP2以前のアップグレードをまだインストールしておらず、アップグレードセンターで4.7.1 SP2をさせるには、そこまでのアップグレードを適用する必要があります。

アドオンで対応する方法

最新のバージョンにアップグレードできない方には、問題を解決するためのアドオンが用意されています。

アドオンを取得するには、まずヘルプデスクにサインインしてFile Areaに移動します。

その中にUpdatesのフォルダがありますので、そちらをクリックして開きます。

開いた中にsecurity_fixes_4xx_addon.zipファイルがありますので、「Downloads」アイコンをクリックしてファイルをダウンロードしてください。

How To: Manage Add-onsの説明に従って、アドオンをインストールします。

これにより、発見されたセキュリティ関連の問題が解決されます。

このアドオンには、2017年11月に発見された脆弱性に対する修正は含まれていませんので、ご注意ください。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ