WordPress 4.1.1 がリリースされました

スポンサードサーチ

WordPressの4.1.1が2015年2月18日にリリースされ、日本語版の方も自動アップデートが始まりました。

WordPress 4.1.1 メンテナンスリリース
WordPress 4.1.1 メンテナンスリリース

今回のメンテナンスリリースではバージョン4.1で見つかった21個のバグが修正されているそうです。

WordPress.org:WordPress 4.1.1 メンテナンスリリース

また、以下の問題が解消しているようです。

同じ名前のタグとカテゴリーがあった場合に互いにこんがらがって更新が妨げられるという厄介な問題が見られましたがそれも解決済みです。

これは、タグのスラッグ名とカテゴリーのスラッグ名が重複して命名してしまうと、本来カテゴリとタグは別々として認識されるはずが、タグ名を変えるとカテゴリー名が連動して変わってしまう、というような事が起こっていたようです。

このバグ自体、私自身はWordPressがスラッグ名の重複についてはかなり怪しい動きをするのを認識していたので、そういったスラッグ名を付けるのを避けていたんですが、それが解消されたということのようです。

基本は自動でアップデート

自動バックグラウンドアップデートに対応した環境で動いていて現在すでに WordPress 4.1 になっているなら、自動で4.1.1にアップデートされるはずです。

実際、私の管理しているWebサイトの一つは既に自動でアップデートが完了していました。

重大なバグフィックス等はなさそうですが、まだの方も念のためできるだけ早いアップデートをするようにしたほうがいいですね。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ