スポンサードサーチ

マーケットプレイス(Marketplace)とは、売り手と買い手をつなげるインターネット上の取引市場です。

日本においては、楽天市場やYahoo!ショッピング、AmazonマーケットプレイスのようなBtoC型のマーケットプレイスが代表的なマーケットプレイスが、CtoC型のマーケットプレイスであるメルカリなども最近成長著しいしものがあります。

これらのマーケットプレイスは、自社でECサイト構築を行うのに比べて、集客やシステム構築、運用のコストが抑えられるため、数多くの企業やユーザーが利用しています。

多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」には、独自のマーケットプレイスを構築できるMulti-Vendorというライセンスが用意されていますが、今回はCS-Cartの公式ブログで、How to Create an eCommerce Marketplace from Scratch(ゼロからマーケットプレイスを構築する方法)という記事をご紹介します。

目次

ゼロからマーケットプレイスを構築する方法

オンラインマーケットプレイスは、複数の販売者が一つのECサイトで商品を販売するECサイトです。

このElectronic Retailing(インターネット上で行われる小売販売)モデルは、このところ人気が高くなっていますが、その理由として以下の2点があげられます。

  1. 他社との競争のために従来のECサイトよりも出店コストが低い
  2. 単一商品を販売するECサイトや実店舗の小売店よりも商品の取扱い範囲が広い

Forrester Analytics: Online Marketplaces Tracker, 2015 To 2020 (Global)によると、マーケットプレイスでの売上は毎年増加しており、2018年のB2Cでの売上の59%はマーケットプレイスからのものでした。

これは、独自のマーケットプレイスを立ち上げるのに適切なタイミングであることを示しています。

ただし、楽天市場のようなマーケットプレイスを構築する場合でも、新たにフリーランスサービスのオンラインマーケットプレイスのFiverrやハンドメイド商品のマーケットプレイスのEtsy、宿泊施設・民宿のマーケットプレイスのAirbnbなどをスタートする場合でも、いくつかの課題に対応できるようにしておく必要があります。

Googleでオンラインでのマーケットプレイスをゼロから構築する方法を調べてみると、オンラインショッピングモールを立ち上げることはかなり大変で、完全な計画や投資、そして少しの運が必要であることを気付かされます。

この記事では、マーケットプレイスをゼロからスタートする方法を解説します。

ステップ1:アイデアを考えてテストする

多くの起業家は、マーケットプレイスの始め方を知りません。

すべてのプロジェクトはコンセプトから始まり、オンラインマーケットプレイスも例外ではありません。

ビジネスモデルや選択するソフトウェア、出品者やユーザーを惹きつける方法について考える前に、マーケットプレイスのアイデアを考えて、最適化する必要があります。

マーケットプレイスのアイデアを思い付くための3つの重要なポイント

  • あなたのマーケットプレイスはユーザーと出品者の両方にとっての課題を解決できるのか。
  • 競合他社が何に取り組んでいるか調査する。これはアイデアを最適化するのに役立ちます。
  • あなたのアイデアについて周りの人と話し合う。周りの人々の意見を聞きフィードバックに基づいてアイデアを磨きます。

ここで誰もが必要としていない事が判明した場合には、マーケットプレイスを立ち上げる必要はありません。

需要があることを証明することは、どのように成功するマーケットプレイスを構築するかを考える際に、非常に重要です。

需要があることを証明する必要がある

次のステップは、アイデアの検証です。

完璧に見える非常に便利なオンラインショッピングモールを構築する事はできますが、アイデアが上手く機能しない場合には、誰も利用しない「砂漠のプラットフォーム」となってしまいます。

数多くのプロジェクトがこれが原因で失敗しました。

マーケットプレイスのアイデアをテストする必要があるもう1つの理由としては、通常、起業家は自分のアイデアに夢中になり、そのアイデアが天才的な考えだとみなして、人々のフィードバックを無視してしまうからです。

起業家はプロジェクトが成功するだろうと考えており、あとは一生懸命働くだけだと。

しかし、どんなにハードに働いても、アイデアが顧客の問題を解決しないのであれば、マーケットプレイスの破滅は必至です。

マルチベンダー市場のアイデアを検証する2つの強力な方法

  • 潜在的なユーザーや出品者との面談を実施 周りの人々と話すことは、ニーズと課題について知るための最良の方法です。一人一人と話し、よく練った質問をし、そして多くの質問で彼らの反応を吸い上げることが重要です。これは、ショッピングモールを立ち上げるまでに、アイデアをテストする強力な方法です。

    CS-Cartでは、定期的に顧客との面談を行っており、現時点ではこれが顧客をよりよく知るための最良の方法であると知っています。また、後で聞きなおしたり詳細を思い出せるように、すべてのインタビューは録音します。

    アイデアが実現可能であることが証明できたら、プロジェクト内容をインタビュー対象者に伝え、フィードバックを求めることができます。
  • 検索データを調べる Google広告のキーワードプランナーやドメイン分析やキーワード調査などを行えるSemrushなどのSEOツールを使用して、インターネット上で検索されているもの、地域で最も頻繁に使用しているキーワードを調べます。こうして、需要、競合他社、およびユーザーのニーズについて詳しく知ることができます。
潜在的なユーザーや出品者との面談を実施

ステップ2:ビジネスモデルについて考える

マーケットプレイスのビジネスモデルは、ユーザーエクスペリエンスのポリシーと手数料モデル、オンラインマーケットプレイス全体の機能で考える必要があります。

最初に、ビジネスモデルについて考える際に重要な3つのことに注目しましょう。

1.参入するビジネスセグメントを選択

マーケットプレイスをスタートする際に、3つの主要なセグメント(B2C、B2B、C2C)について注意しなければなりません。ほかにも、様々なB2X2Xセグメントもありますが、それらは非常に具体的な固有のものになります。

  • B2C(企業と消費者) これは今のところ最も人気のあるセグメントです。B2Cセグメントでは、企業がエンドユーザーに製品を販売しています。Amazon、eBay、Aliexpress、その他多数のグローバルオンラインマーケットプレイスがB2Cで運営されています。このセグメントは非常に競争が激しい。
  • B2B(企業間) これは、Eコマースで2番目に人気のあるセグメントです。B2Bでは、企業は他の企業に製品を販売します。たとえば、工作機械を製造する会社は、それらを工場に販売しています。Alibaba(アリババ)は、大規模なグローバルB2Bマーケットプレイスのいい例です。ここの競争は激しくありません。
  • C2C(消費者間) C2Cでは、消費者がお互いに製品を販売したり交換したりします。たとえば、CraigslistはC2Cマーケットプレイスであり、eBayも一部はC2Cマーケットプレイスです。日本ではメルカリがC2Cマーケットプレイスです。
注目すべき3つの主要なセグメントとして、B2C、B2B、C2Cがある

2.手数料モデルを選択

手数料は、マーケットプレイスの主な収入源で、原則としてすべての出品者の販売に対して手数料を取りますが、マーケットプレイスを収益化する他の方法もあります。

  • 手数料 取引あたりの割合。品揃えの幅が広い実製品を取扱うショッピングモールの場合、手数料は通常わずかです。多くの場合、手数料は販売される製品の種類によって異なります。
  • サブスクリプション(月額固定費) 支払うサブスクリプションプランは、商品の最大出品数、毎月の収益、カテゴリなど、出品者のさまざまな条件によって異なります。サブスクリプションを支払ってい出品者に対しては、マーケットプレイス内の有償広告や無料広告などのメリットを提供します。
  • フリーミアム さらなる収益は、販売者向けの追加のサービスと付加価値機能、広告、配送ラベル印刷、特別オファーを買い物客に送信する機能、といったものからもたらされます。
  • 掲載料 カタログの一部のみを販売し、1年の中で特定の時期にのみ活動する出品者に最適です。

たとえば、Etsyは新しく参加する販売者を増やすための手頃なモデルとして、料金と手数料のオプションを用意しています。(日本の場合、出品料は21円、取引手数料は5%とPayPal手数料、外部サイト広告手数料は15%)

Etsyの手数料
Etsyの手数料

Etsyのような成功するオンラインマーケットプレイスを構築する方法を探している場合は、Etsyをチェックしてみてください。

収益化モデルを決めたら、マーケットプレイスのお金の流れをどのように整理するかを考えますが、お金の分配には主に3つの方法があります。

  1. 注文のお金は、マーケットプレイスの運営者に送られ、運営者は支払期限になったら出品者に分配します。
  2. 注文のお金は、自動的にマーケットプレイスの運営者と出品者の間で分配されます。これには、PayPal for MarketplaceやStripe Connectなどの分割支払いシステムを設定する必要があります。
  3. 注文のお金は、出品者に送られ、支払期限にマーケットプレイスの運営者に支払います。
マーケットプレイスのお金の流れをどのようにするかを考える

3.信頼できるプラットフォームのマーケットプレイス構築ソフトウェア市場を調査

マーケットプレイス構築ソフトウェアは、重要なマーケットプレイスを構成する要素の1つです。出品者とユーザーが利用できる日常の操作と取引、作業速度、数量、様々なツールは、完全にマーケットプレイスのソフトウェアの機能に依存しています。

優れたマーケットプレイス構築ソフトウェアは、多彩な決済オプションから、出品者毎に個別のオンラインショップを設定できる機能まで、定評のある出品者やユーザーをマーケットプレイスに惹きつけるために必要なすべての機能を提供できます。

最高のマーケットプレイス構築ソフトウェアを選択するときは、次の3つのに部分に注目をします。

  1. 価格/機能性に見合った価値があるか 数千ドルを費やす非常に複雑なソフトウェアや、機能がほとんどない安価なソフトウェアは必要ありません。市場を調査し、マーケットプレイス構築ソフトウェアをテストし、デモとビデオガイドを見て、ソフトウェアの機能についてのアイデアを得ます。そして、価格が公正かどうかを考えます。

2. クイックスタートで使いやすいか ビジネスモデルの計画が完了したら、次のステップはマーケットプレイスのMVP(Minimum Viable Product)を立ち上げることです。プラットフォームの展開と構成に多くの時間が必要な場合は、MVPの立ち上げができません。そのため、少なくとも1日でマーケットプレイス構築ソフトウェアの基本的な構成を展開および作成できることを確認してください。

3. ユーザーのフィードバック ユーザーレビューは非常に役立ちます。マーケットプレイス構築ソフトウェアの長所と短所、危険なポイント、ライフハックを学ぶことができます。ソフトウェアの比較サイトのCapterraやオープンソースソフトウエア開発支援サービスのSourceForge、ソフトウェアの比較サイトのG2など、人気のあるユーザーレビュー・プラットフォームで検討することをためらわないでください。

市場を調査し、マーケットプレイス構築ソフトウェアをテストし、デモとビデオガイドを見て、プラットフォームの機能についてのアイデアを得る

ステップ3:マーケットプレイスのMVPを立ち上げる

MVPとはMinimum Viable Productの略です。

MVPは、プロジェクトのイメージを提供するオンラインマーケットプレイスのテストバージョンです。MVPを使用すると、多くの時間とお金を費やすことなく、実際のアイデアをテストできます。

MVPは、マーケットプレイス構築の重要な部分です。

MVPの重要な側面は、MVP をできるだけ早く立ち上げる必要があることです。

そのため、マーケットプレイスをゼロから構築するのではなく、独自のマーケットプレイスを構築できるMulti-Vendorのようなパッケージを使用することをお勧めします。

マーケットプレイス構築ソフトウェアを選ぶときは、1日で MVPを立ち上げられることを確認してください。マーケットプレイス構築ソフトウェアがMVPに対応しているかどうかを確認するには、マーケットプレイス構築ソフトウェア開発者向けの次の質問に対する回答を入手してください。

1. マーケットプレイス構築ソフトウェアの開発者は、テクニカルサポート、定期的な更新、インストール、メンテナンスサービスを提供していますか?

あなたが技術に詳しくない場合、技術的な詳細はすべてマーケットプレイス構築ソフトウェアの開発者に任せてください。

開発会社がマーケットプレイス構築ソフトウェアのインストール、更新、および保守を支援していることを確認してください。テクニカルサポートも非常に重要です。MVPの設定中に問題が発生した場合は、テクニカルサポートチームが問題の迅速な解決を支援する必要があります。

不幸なことに、多くの起業家はマーケットプレイス構築ソフトウェアのインストールと設定は、iPhoneにアプリをインストールするのと同じくらい簡単だと思っています。

サーバにマーケットプレイス構築ソフトウェアをインストールするには、多少の技術的な知識が必要であるため、マーケットプレイス構築ソフトウェア開発者からの支援を受けられることを確認してください。

2.マーケットプレイス構築ソフトウェアでプラットフォームを拡張できますか?

MVPは、プロジェクトを大規模で成功させるための初期段階にすぎず、一般向けにリリースして、時間とともに成長します。

そして、ある時点でMVPではなくなり、システムを拡張する必要がでてきます。

そのため、Add-on(アドオン)やコードの変更によって機能を拡張できることを確認してください。

また、ビジネスを成長させるには、マーケットプレイス構築ソフトウェアが高負荷なアクセスに対応できるようにすることが必要ですので、その機能があるかについても重要です。

3.費用はいくらですか?

MVPを立ち上げるためには、マーケットプレイス構築ソフトウェアが手頃な価格である必要があります。

開発や設計、コストのかかるサーバへの先行投資による多額の支払いは避けることは、プロジェクトの立ち上げが高いリスクになることを防ぎます。

最良のオプションは、返金保証付きで1回限りの料金で販売される市場ソリューションです。この場合には、MVPを立ち上げてしばらくテストを行い、機能しないと思われる場合は、マーケットプレイスを削除して、開発会社に払い戻しをリクエストしてください。

例えば、CS-CartのMulti-Vendorは、インストールして30日間は無料でご利用いただけます。

SaaSでのマーケットプレイス・ソリューションを探している場合は、MVPの最も安価なプランを選択してください。

初期段階で多くの投資をする必要はありません。

MVPの重要なポイントは、MVPをできるだけ早く立ち上げる必要があること

ステップ4:販売者と購入者を見つける

マーケットプレイスを立ち上げる前に、売り手と買い手を見つけましょう。

最初にマーケットプレイスのWebサイトにユーザーを参加させて利用してもらう必要があります。

また、未来のマーケットプレイスのために売り手と買い手の準備ができていることは、「鶏が先か、卵が先か」問題を克服するのに役立ちます。

鶏が先か、卵が先か
鶏が先か、卵が先か

売り手を引き付ける方法は?

販売者がやってきた時に、マーケットプレイスでは魅力的なオファーを用意して最初の売り手に対して提供することで、既存の販売者と潜在的な販売者の両方を引き付けることができます。

既存の販売者を取得するには、似たようなマーケットプレイスやソーシャルメディアや、コミュニティのような他の関連するオンラインプラットフォームですでに活動している出品者に連絡してください。

潜在的な販売者を獲得するには、オンラインおよびオフラインのリソース、GoogleやFacebook、LinkedInなどの検索エンジンや情報ポータル、ホビークラブ、ネットワーキンググループ、業界団体、オンラインフォーラム、オフラインストア、ワークショップなどを使用して連絡をします。

マーケットプレイスに売り手を引き付ける方法の詳細については、 Marketplace Academyをご覧ください。

買い手を引き付ける方法?

購入者を見つけるためには、リリース前キャンペーンとランディングページを使用して、マーケットプレイスのリリース前に潜在的な購入者のメールアドレスを収集します。

アーリーアダプターの潜在的な顧客は誰か、オンラインとオフラインのどこにいるのかを理解します。

  • 既存のコミュニティ グループに参加してディスカッションに参加し、マーケットプレイスの話をしてフィードバックを求めます。
  • 主要なコミュニティインフルエンサー 有名なブロガーを招待して、マーケットプレイスをブロガーを通して多くの一般ユーザーに宣伝します。
  • 独自のコミュニティを構築 ブログ、ソーシャルメディア、フォーラムなどを介し、オフラインのミートアップやイベントを開催します。
マーケットプレイスを立ち上げる前に売り手と買い手を見つける

ステップ5:マーケットプレイスを立ち上げる

MVPをテストし、いくつかの売り手と買い手を獲得し、マーケットプレイスの大きな公開の準備ができています。

製品の発売が最も難しいことではないことを覚えておいてください。それどころか、これは最も簡単な方法の1つです。

マーケットプレイスの公開後は、マーケットプレイスの宣伝を行い、信頼を築き、需要と供給を生み出す必要があります。

1.ユーザーのフィードバックに従ってマーケットプレイスをブラッシュアップする

この時点で、あなたはマーケットプレイスの初期段階にいます。

初期のマーケットプレイスを、アーリーアダプター、つまりターゲットとなる一般ユーザーのごく一部でテストします。

短い期間利用してもらった後、より多くのユーザーが来るために、必要な改善についてフィードバックを受けます。

2.メディアでマーケットプレイスに関する情報を広める

次に、マーケットプレイスに関する情報を広めるために、アーリーアダプターを活用するか、メディアで取り上げてもらいます。

優れたメディアで取り上げられることは非常に強力なPR方法ですが、メディアにマーケットプレイスについて言及してもらう事は非常に困難です。

チャンスを増やすには、メディア関係者と友達になり、Help a ReporterなどのPRプラットフォームを使用し、あらゆる場所でマーケットプレイスについて話します。

報道を獲得する

ステップ6:マーケットプレイスを宣伝する

マーケットプレイスが成長している今、マーケットプレイスの宣伝にリソースを集中させます。

マーケットプレイスを効果的に宣伝するには、顧客に焦点を当てて、一般ユーザーの興味とニーズを詳細に明らかにします。この事を念頭に置いて、マーケットプレイスがこれらのニーズにどのように適合することができるかを定義し、それに応じてマーケティング手段を選択します。

1.顧客を理解して完璧なマーケティングキャンペーンを作成する

特別オファーとセールを顧客の購買行動に合わせます。

これは、顧客が購入したいと思う商品を、顧客が購入できる時間ちょうどに置くのに役立ちます。

視聴者の理解に基づくマーケティングキャンペーンの良い例は、インドのマーケットプレイスのShopCluesのビデオキャンペーンです。

マーケットプレイスのチームは、顧客の購入行動データを使用して、オフィスから家に帰る毎日の通勤中に購入活動が活発化していることを発見しました。

マーケットプレイスは交通渋滞の問題を、時間の浪費ではなく、毎日の楽しい時間に変えました。

また一般ユーザー、すなわちインドの消費者や人口統計学的特徴と習慣を考慮し、仕事から家に帰る途中の地元や通りのオープンマーケットでの買い物の伝統的な方法にも検討が行われました。

その結果、顧客が交通渋滞に費やしている時間に飽き飽きしている事に気が付き、同社は毎日午後6時から午後8時の間に販売オファーを行いました。

このキャンペーンは、最初の2週間でトラフィックが40%上昇する結果をもたらしました。

これは、顧客を最初に理解することで、顧客との関わりを高め、売り上げを伸ばす方法を示しています。

2.売り手のリソースを使用してプラットフォームを宣伝する

販売者自身でマーケットプレイスを宣伝するように、売り手に教えること。

売上げを伸ばすためのガイドラインとノウハウを売り手と共有し、効果を証明した宣伝戦略を教えてください。

これは、販売者の広告予算により、​​販売者のビジネスの成長とマーケットプレイスのトラフィック数の両方に収入をもたらす方法です。

メールマーケティングは、依然として最も強力なプロモーションツールの1つです。

効果的なメールマーケティング・キャンペーンを実施する方法を売り手に示し、この知識を使用して独自のメール戦略を実施できるようにします。その結果、顧客があなたのマーケットプレイスにアクセスして商品を購入するように動機付けするようになります。

3.競合他社のアイデアを採用し強化する

有効性を証明した既知のマーケティング戦略を取ることは、別の何百ものプロモーション方法から選ぶよりも効果的です。

競合他社がすでに成功を収めている方法を利用しても問題はありません。

例えばAmazonは、マーケットプレイスにwedding registryオプションを追加しました。

Amazon Wedding Registryは、結婚するカップルが欲しい物リストを作成し、それを結婚式のゲストと共有するのを支援しています。

これにより購入される贈り物は、結婚するカップルの好みとニーズに完全にマッチしてることが保証されます。

同社は、送料無料とマーケットプレイスのデータを使ったゲストへの「ありがとう」リスト作成機能の提供により、利用を促進しています。

このアプローチはトラフィックと収益を増加させ、顧客間同士が結びつく感覚を構築し、顧客を生涯のクライアントに変えるのに役立ちます。

マーケットプレイスを宣伝する方法の詳細については、Marketplace Academyをご覧ください。

マーケットプレイスを効果的に宣伝するには顧客に焦点を当てる

ゼロからマーケットプレイスを構築する方法は?

最後に、ゼロからマーケットプレイスを構築する方法を改めてまとめます。

1.アイデアを考案してテストする

2.ビジネスモデルについて考える

  • 参入するビジネスセグメントを選択
  • 手数料モデルを選択
  • 信頼できるプラットフォームのマーケットプレイス構築ソフトウェア市場を調査

3. マーケットプレイスのMVPを立ち上げる

4.販売者と購入者を見つける

5.マーケットプレイスを立ち上げる

  • ユーザーのフィードバックに従ってマーケットプレイスをブラッシュアップする
  • メディアでオンラインマーケットプレイスに関する情報を広める

6.マーケットプレイスを宣伝する

  • 顧客を理解して完璧なマーケティングキャンペーンを作成する
  • 売り手のリソースを使用してプラットフォームを宣伝する
  • 競合他社のアイデアを採用して強化する

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ