スポンサードサーチ

2017年11月7日に、Magento CommerceとMagento Open Sourceのセキュリティ・アップデートである2.0.17、2.1.10、2.2.1が公開され、クロスサイトスクリプティング(XSS)、ローカルファイルインクルード(LFI)、認証された管理者ユーザーのリモートコード実行(RCE)および勝手にファイルが削除される脆弱性に対応しています。

MAGENTO 2.2.1, 2.1.10 AND 2.0.17 SECURITY UPDATE

早急な対応を

バージョン別に不具合修正が施されていますが、Magento CommerceとMagento Open Sourceでバージョンが異なりますので、MAGENTO 2.2.1, 2.1.10 AND 2.0.17 SECURITY UPDATEのWebサイトから対応のバージョンをダウンロードするか、管理画面経由などでのアップデートが必要です。

MagentoのサイトのMy Accountにログインすれば、Magento Commerceのアップデートをダウンロードしてインストールができます。

ECサイトを保護する方法の詳細については、Security Best Practicesを参照してください。

セキュリティの変更に関する詳細は、Magentoセキュリティセンターで入手できます。

Magentoの運用をされている方は、早急に対応を行いましょう。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ