越境ECに対応したECサイトが構築できるMagentoのセキュリティ・アップデート 2.2.1,2.1.10,2.0.17が公開

スポンサードサーチ

2017年11月7日に、Magento CommerceとMagento Open Sourceのセキュリティ・アップデートである2.0.17、2.1.10、2.2.1が公開され、クロスサイトスクリプティング(XSS)、ローカルファイルインクルード(LFI)、認証された管理者ユーザーのリモートコード実行(RCE)および勝手にファイルが削除される脆弱性に対応しています。

MAGENTO 2.2.1, 2.1.10 AND 2.0.17 SECURITY UPDATE

早急な対応を

バージョン別に不具合修正が施されていますが、Magento CommerceとMagento Open Sourceでバージョンが異なりますので、MAGENTO 2.2.1, 2.1.10 AND 2.0.17 SECURITY UPDATEのWebサイトから対応のバージョンをダウンロードするか、管理画面経由などでのアップデートが必要です。

MagentoのサイトのMy Accountにログインすれば、Magento Commerceのアップデートをダウンロードしてインストールができます。

ECサイトを保護する方法の詳細については、Security Best Practicesを参照してください。

セキュリティの変更に関する詳細は、Magentoセキュリティセンターで入手できます。

Magentoの運用をされている方は、早急に対応を行いましょう。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ