スポンサードサーチ

2020年9月2日にCS-CartとMulti-Vendorの4.11.5がリリースされました。

Meet Multi-Vendor 4.11.5 with PayPal Commerce Platform

Meet Multi-Vendor 4.11.5 with PayPal Commerce Platform
Meet Multi-Vendor 4.11.5 with PayPal Commerce Platform

CS-CartとMulti-Vendorの4.11.5はパッチリリースであるため、バグ修正と小さな改善が含まれています。

主な変更点

インターフェースの改善と、新しいAdd-on(アドオン)として「PayPal Commerce Platform」が追加されました。

インターフェースの改善

Multi-Vendorの出店者(ベンダー)、注文、カテゴリー、国の一覧画面でのインターフェースが改善されました。

チェックボックスがなくなり、選択したいエリアをクリック選択します。

チェックボックスがなくなった
チェックボックスがなくなった

デスクトップ上のファイルと同じように、Shiftボタンを押しながら複数のアイテムを選択でき、少なくとも1つのオブジェクトを選択すると、上部にアクションのメニューが表示されます。

クリックして選択
クリックして選択

PayPal Commerce Platform

このAdd-on(アドオン)では、Multi-Vendorライセンスを使ったマーケットプレイスサイトで、出店者(ベンダー)への支払いとマーケットプレイスとの利益分配に利用できます。

これにより、以下のメリットがあります。

  • ユーザーのカートでの精算が簡単に 出店者(ベンダー)の数に関係なく、ユーザーは1回の支払で済みます。
  • 管理者の作業負荷が軽減 注文のされたお金は、出店者(ベンダー)とマーケットプレイスの間で自動的に分配されます。
  • 出店者(ベンダー)管理の一体化 出店者(ベンダー)は、自分のPayPalアカウントを接続するか、新しいアカウントをマーケットプレイスの管理画面に登録することで、一括管理ができます。

「PayPal Commerce Platform」の詳細については、以下のCS-Cart Multi-Vendor: What Changed in July 2020(動画)PayPal Commerce Platformのドキュメントをご覧ください。

Apple PayとGoogle Payのサポートの改善

Stripe Payments Add-on(アドオン)により、Apple PayとGoogle Payの支払い方法を設定できるようになり、Multi-Vendor PlusおよびUltimateのいくつかのAdd-on(アドオン)との連携が向上しました。

支払い方法
支払い方法

顧客からベンダーへの直接支払い

管理者が、各出店者(ベンダー)に対して独自の支払い方法を選択できるようにすると、Apple PayとGoogle Payが利用できるようになりました。

出店者(ベンダー)向け共通商品

管理者側で共通商品を作成して説明などを入力し、出店者(ベンダー)は共通商品の中から販売する商品決めて価格を決定すると、管理者側でカタログを作成することができますが、Apple PayとGoogle PayがこのAdd-on(アドオン)で正しく動作するようになりました。

出店者(ベンダー)が通話を処理できるように

「Call Requests」 Add-on(アドオン)に、出店者(ベンダー)が通話を管理できるかどうかを決定する設定が追加されました。

上記のCS-Cart Multi-Vendor: What Changed in July 2020(動画)では、この設定がどのように機能するかを見ることができます。

Multi-Vendor Ultimate ダッシュボードデータ

Multi-Vendor Ultimate ダッシュボードデータは、選択したストアフロントで変化するようになりました。

CS-Cart Multi-Vendor: What Changed in July 2020(動画)でその動作を確認ください。

管理画面からアップデートが可能

バージョン4.11.5へのアップグレードは、管理画面のアップグレードセンターですでに利用可能ですが、最初の数日間は、利用可能なアップグレードの数を制限して提供されます。

アップグレードセンターでアップグレードが表示されない場合は、後ほどお試しください。

スポンサードサーチ