【2021年版】モール型ECサイトのバリエーションと3つの必須機能

スポンサードサーチ

普通のECサイトは、運営者と出店者が同じですが、モール型ECサイトの場合、楽天市場やAmazonマーケットプレイスのように、商店街やショッピングモールのように一つのECサイトに複数の出店者がしています。

ECサイトの構築を検討する際に、楽天市場やAmazonマーケットプレイスに出店するのを検討する、というのが多いと思いますが、モール型ECサイトを自社で構築して運用するという事も実はできます。

そこで、今回はモール型ECサイトを構築できるシステムについて見ていきましょう。

モール型ECサイトとは?

モール型ECサイトとは、楽天市場やAmazonマーケットプレイス、ZOZOTOWNのように、1つのECサイトに様々な店舗が集まった、マーケットプレイスとも呼ばれる、売り手と買い手をつなげるインターネット上の取引市場です。

出店者は、決められた出店料を支払うことで、モール内に自社の店舗を出すことができます。

モール型ECサイトは一対多対一の関係性に最適

いまや、無料でECサイトが構築できるBASEやSTORESから、モール型ECサイトも 楽天市場やAmazonマーケットプレイスなど、ECサイトを始めるための選択肢は数多くあります。

しかし、ただ単に自社のECサイトを立ち上げるのではなく、マーケットプレイスサイト構築専用パッケージ CS-Cart Multi-Vendor を使った、複数の出店者を集めたモール型ECサイトへのお問合せが増えています。

通常のECサイトの場合には、販売を行う企業と購入者という一対一の関係性となっています。

一方、モール型ECサイトの場合、モールを運営する企業と複数の出店者、モールで買い物をする購入者、というように、一対多対一の関係性をシステムで実現する必要があります。

実際、こういった複数の関係者が集まった組織や団体は数多く存在しています。

例えば、農林水産物の販売・流通を担う農協・漁協などの団体、ふるさと納税を行っている地方自治体、地域の商店街や業界団体、スポンサーを複数抱えるスポーツチーム、グループ企業で社員を数多く抱える企業、ブランドを複数運営しているアパレル企業などです。

こういった企業や団体が、地域の特産品を産地直送やメーカー直送で販売したり、ふるさと納税の返礼品の販売をしたり、社員向けに福利厚生で商品を販売したり、といったことを行う場合には、モール型ECサイトが最適なのです。

そのため、通常のECサイトだけでなく、自社運営型のモール型ECサイトも併せて増えて行くでしょう。

モール型ECサイト構築の3パターン

一対多対一の関係性をシステムにするには、モール型ECサイトが最適ではありますが、モール型ECサイトの構築については、さらに以下の3パターンに分かれます。

  1. マーケットプレイス型
  2. テナント型
  3. マルチサイト型

マーケットプレイス型

マーケットプレイス型のモール型ECサイトは、Amazonマーケットプレイスを思い浮かべると一番わかりやすいでしょう。

Amazon
Amazon

現在、Amazonでは、2種類の商品が販売されています。

  1. Amazon自身が仕入れて販売している商品
  2. Amazon以外の出品者が販売している商品

このうち、2番目の「Amazon以外の出品者が販売」するための仕組みが、Amazonマーケットプレイスになり、出品者はAmazonへ出品をしています。

出品者には専用の店舗はなく、商品データのみAmazon掲載され、受注があったら各出品者に通知が行きます。

同様に、マーケットプレイス型のモール型ECサイトの場合、運営企業のECサイトが一つあって、出品者はECサイトに商品を出品する形になります。

商品を購入するユーザーは、出店者から購入したというようりも、「Amazonで購入した」という認識になりますし、ユーザが複数出店者から商品を購入する場合でも、店舗毎で送料はかかるが精算は一括で、といったことも可能です。

テナント型

テナント型のモール型ECサイトは、楽天市場やYahoo!ショッピングのようなショッピングモールを思い浮かべていただくのがわかりやすいでしょう。

楽天市場では、トップページは楽天市場のポータルになっていますが、各出店者には個別の店舗と専用のURLが用意されています。

楽天市場
楽天市場

個別の店舗ですので、出店者自身が店舗を管理し、店舗のデザインから商品登録や受注管理、売上集計なども行います。

商品を購入するユーザーは、商品購入の際に楽天にログインをするため、マーケットプレイス型のモール型ECサイトと同様に、出店者から購入したというよりも「楽天市場で購入した」という認識にはなります。

しかし、楽天市場の場合、注文手続きにおいては個別店舗での処理となっており、メール配信なども個別店舗からとなるため、独自店舗としての意味合いが強くなっています。

このため、テナント型のモール型ECサイトの場合には、ビジネスモデルに合わせて、会員情報やポイント管理を共通化するのか、送料や決済を共通するかどうかについて、検討が必要となります。

マルチサイト型

マルチサイト型はのモール型ECサイトは、価格.comやふるさと納税サイトなどを思い浮かべていただくのがわかりやすいでしょう。

価格.comでは、カテゴリ―毎で出店者が大きく異なっていますし、百貨店がターゲットユーザーの購買層に合わせて出店企業を変えるといった場合では、同一のモール型ECサイトではなく、出店者の属性に合わせた複数のモール型ECサイトを一つの管理画面で管理するのが便利です。

これは、国毎や言語毎にマーケットプレイス型のモール型ECサイトを分ける、という場合もありますし、ターゲット業界やターゲット企業毎に分ける、商材カテゴリごとにショップデザインを変えて運営といったケースも想定されます。

モール型ECサイトで必要な3つの機能

見てきたように、モール型ECサイトといっても3つのパターンがありますが、さらにモール型ECサイトでは必須となる、3つの機能があります。

出品者管理

出品者プラン管理

出品者専用管理画面

出品者管理機能

モール型ECサイトでは、通常のECサイトと異なり、出品者が必ず存在します。

そのため、出品者にモール型ECサイトに登録してもらう際に、無条件で登録が完了するのか、承認後に登録が完了するのか、といった出品者承認機能などを使い、出品者を管理する必要があります。

また、商品の登録についても出品者が行う事が多くなりますが、公序良俗に反する商品や反社会的な商品などをアップされることを防ぐために

出店料や手数料、出品できる商品点数などを定めた出品者プランを設定し、出品者を管理するための以下の機能が必要です。

  • 出品者店舗管理
  • 出品者店舗管理者管理
  • 出品者商品管理

出品者プラン管理機能

モール型ECサイトでは、モール型ECサイトに出店する出品者に対して、出店料や取引手数料、商品点数制限などの機能を管理する必要があり、さらに販売で発生する手数料配分を、サイト管理者と出品者で行う必要があるため、以下の機能が必要となります。

  • 出品者プラン管理
  • 出品者入出金管理

さらに、出店料が徴収できなかった場合には、出品者の管理画面をブロックしたり、メッセージを送信したりといった機能も必要となります。

出品者向け専用管理画面

また、モール型ECサイトでは、出品者向け専用管理画面が必要となります。

出品者は、マーケットプレイス型でも出品者自身が、商品を登録して、注文を請け、決済を行い、配送をする、というECサイトにおける一通りの対応は必要です。

そのため、出品者向け専用管理画面が必要となり、以下のような機能が求められます。

  • 出品者向け商品管理
  • 出品者向け注文管理
  • 出品者向け顧客管理
  • 出品者向け決済管理
  • 出品者向け配送管理

さらに、テナント型では、自社店舗へのアクセスを増やすために、以下の機能も求められます。

  • 出品者向けマーケティング管理機能
  • 出品者向けウェブサイト管理機能

モール型ECサイトに対応するサービスやパッケージ

このように、モール型ECサイトは一対多対一の関係性をシステム化するには大変便利であり、モール型ECサイトのバリエーション、さらに必須機能について見てきました。

では、これらに対応できるサービスやパッケージはあるのでしょうか?

これに対して、マーケットプレイスサイト構築専用パッケージ CS-Cart Multi-Vendor とecbeing 以外の有償パッケージベンダーは、以下のように「カスタマイズ」で対応を行っています。

EC-ORANGE Mall

EC-ORANGE Mall
EC-ORANGE Mall

ebisumart

ebisumart ショッピングモール型サイトの構築
ebisumart ショッピングモール型サイトの構築

commerce21

commerce21 自社ECモール運営・システム構築
commerce21 自社ECモール運営・システム構築

ecbeing for Mall

ただ、ecbeing for Mallについては、モール専用パッケージと銘打っておりますが、カスタマイズが前提となるソフトウェアとなります。

ecbeing for Mall
ecbeing for Mall

モール型ECサイトの機能がパッケージで提供されている Multi-Vendor

そのため、唯一、CS-Cart Multi-Vendor のみが、カスタマイズ無しでモール型ECサイトに対応しており、マーケットプレイス型、テナント型、マルチサイト型の全て対応可能で、3つの必須機能も網羅しています。

資金が潤沢にあり、開発期間も長く取れる場合には、必要とする仕様を出来る限り自由に実現できると言う点で、カスタマイズで対応するのはもちろんアリです。

しかし、コストを抑えながらスピード感を持ったモール型ECサイトの構築を行いたいと考える際には、 CS-Cart Multi-Vendor 以外でに対応は難しいのが現実でしょう。

リソース・シェアリングでは、商品数や規模、運営スタイルなど、御社のビジネスモデルに最適なモール型ECサイトのご提案が可能です。

「モール型ECサイトを構築したいが、どのような設計や機能が必要かわからない」といった状態でもお気軽にご相談ください。

マーケットプレイスサイト構築専用パッケージ CS-Cart Multi-Vendor についてはこちらからご覧ください。

モール型ECサイトの構築方法については、以下の記事をご覧ください。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ