投稿

前回、Webコンサルティング、ITコンサルティングは不要、というあなたへという記事で、どういったコンサルタントに依頼すれば良いのか、という事を書きましたが、今回はコンサルティングを依頼する際にはどのような場合に依頼をすべきなのか、というお話です。

もっと読む

2018年度版WordPressでWebサイトを構築する時に入れるべき3つの高速化Pluginでご紹介したPlugin(プラグイン)は大変便利ですが、MW WP Formといった動的なPlugin(プラグイン)と合わせて利用する場合には注意が必要です。

もっと読む

WordPressで小規模なWebサイトを構築する時と、大規模なWebサイトを構築するときでは、要件定義や設計段階において特に気をつける項目が異なります。

これを当初から理解をしていなければ、プロジェクトの炎上を招いてしまいます。

そこで、今回はWordPressで大規模サイトを構築するときに想定すべき3つのポイントについて述べてみたいと思います。

もっと読む

昨日、WordPressがシェア30%を突破というニュースが話題となっていました。

これは、Web Technology SurveyHistorical trends in the usage of content management systems for websites調査から。

年々、WordPressがシェアを伸ばしている事から、世界的にWordPressを使ったWebサイト構築は主流になっていると言えると思います。

一方、日本においてWordPressのシェアは、Distribution of content management systems among websites that use Japaneseによると84.7%と圧倒的なものがあります。

しかし、これだけ導入が進むWordPressですが、広告代理店さんやベンダーさんなどからお話を伺うと、「WordPressは採用しない」「以前はOKだったが最近WordPressの導入はダメになった」という企業が結構あるようです。

これは、WordPressは、バグ対応やセキュリティ対応でアップデートを頻繁に行う必要があるという点から「他のものよりもバグやセキュリティホールが多い」と認識されて、導入をしないというのが理由のようです。

もっと読む

WordPressでページ数が膨大なWebサイトを構築したり、アクセス数の多いWebサイトのリニューアルをすると、高速化が問題となります。

ページの表示スピードは、Googleからの評価に影響しますので、SEO的にも高速化対応が望まれます。

しかし、WordPressのPlugin(プラグイン)は大変便利ですが、常に最新のものにアップデートをしておく事と、ユーザー数が多く、短いサイクルでメンテナンスがされているものを選択する事は、セキュリティのリスクを減らす上でも大変重要です。

そこで、2018年3月現在、WordPressを使ってWebサイトを構築する際に入れておくと便利で、ユーザー数も多く、Plugin(プラグイン)のアップデートが継続して行われている高速化のためのPlugin(プラグイン)をご紹介します。

もっと読む

WordPressは、Webサイトの構築フレームワークとしては大変便利で、Plugin(プラグイン)やカスタマイズをする事で様々なWebサイトを作る事ができます。

しかし、WordPressで作るのに向いているWebサイトと、そうでないものを見極めないと、使い難いものになったり、開発に大きな工数が掛かってしまったりという事にもなってしまいます。

そこで、今回はWordPressで構築するのに向いている5つのパターンとそれぞれに必要なPlugin(プラグイン)をまとめてみました。

もっと読む