投稿

Googleが2020年10月6日に、最新バージョンとなるChrome 86をリリースしました。

もっと読む
ペアレンタルコントロール

Macを家族全員で使う場合、それぞれ別のアカウントの設定をしていると思いますが、子供に使わせる場合には時間制限などを行う関係で「ペアレンタルコントロール」を設定していると思います。

ただ、ブラウザはChromeを使っているのですが、なぜかYouTube等のWebサイトが接続できず、Googleですら開けないので、何度も設定を変えてみたのですが、なかなか解決しません。

Dropboxなどは利用できますし、一部のWebサイトにはアクセスできるため、インターネットには繋がっています。

ところが、「システム環境設定」の「IPv6の設定」を変更するだけでこれが解決しました。

もっと読む
Let's Encrypt

Chrome 68から全HTTPサイトで警告表示がされWebサイトでのSSL導入は必須にで述べたように、Webサイトの常時SSL化が必須となってきましたが、コスト面はインフラ面、導入や更新作業の面でなかなか導入に踏み切れない方もおられると思います。

これに対して、無料のSSL/TLSサーバー証明書 Let’s Encrypt を使うという選択肢があります。

もっと読む

2018年2月9日にGoogleは、2018年中に「Chrome」ブラウザで、HTTPS暗号化を導入していないすべてのウェブサイトに「Not secure(保護されていません)」と表示することを明らかにしました。

Google Security Blog:A secure web is here to stay
Chromium Blog:A secure web is here to stay

Beginning in July 2018 with the release of Chrome 68, Chrome will mark all HTTP sites as “not secure”.

抄訳:2018年7月のChrome 68のリリースから、ChromeはすべてのHTTPサイトで「Not Secure」と表示します。
もっと読む